ヴァレンティノのスーパーミニスカートが提示するジェンダーレスの新可能性

AFFECTUS No.420

ジェンダーレスの浸透以降、ショー形式でメンズ・ウィメンズを同時発表するブランドは増加し、女性モデルがメンズウェアのアイテムを、男性モデルがウィメンズウェアのアイテムを着用してランウェイに登場することも、当たり前の風景になりつつある。ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)がクリエイティブ・ディレクターを務める「ヴァレンティノ(Valentino)」は、2023AWコレクションで男性モデルと女性モデルの双方が、ミニレングスのボトムを穿いてランウェイを歩いていた。

メンズとウィメンズで共通のデザインを発表すること自体は珍しくないが、今回のヴァレンティノは、ミニレングスの発表数が想像以上に多かった。厳密に言うと、同じアイテムを発表しているわけではなく、ウィメンズはミニスカートとミニドレス、メンズはショーツとミニスカートをメインに発表している。ただし、レングスが非常に短いため、ショーツであってもスカートに見えるほどで、発表されたミニのボトムすべてがスカートに感じられた。

2023AWコレクションのヴァレンティノは、ブランド得意のドレス要素を高めるデザインを発表し、ブラックとホワイトのモノトーンカラーによるテーラードが主役となり、メンズ・ウィメンズ共にネクタイスタイルが頻繁に登場する。

上半身は黒いネクタイ・白いシャツ・黒いジャケットという王道のクラシックスタイルだが、ボトムに目を移すとスーパーミニレングスの黒いスカートや黒いショーツを穿くルックが多数発表され、今コレクションのオリジナリティを高いものに仕上げていた。

脚は大胆に肌を晒しているが、その他の箇所で積極的に肌を見せていないにも関わらず、セクシーなイメージを受ける。やみくもに肌を見せる面積を増やすのではなく、ポイントは一箇所(ヴァレンティノは脚)に絞って肌を大胆に見せて、その他の箇所は服で覆い隠すことで、ある種ミステリアスな空気を纏う色気が誕生した。

また、ヴァレンティノはブラック&ホワイトのテーラードという、禁欲的な印象のアイテムがメインになっているため、大胆に晒された脚の存在感をいっそう強調し、セクシー&ドレッシーという極上のスタイルを完成させている。

今回、ヴァレンティノが発表したミニレングスのボトムを総称して「スーパーミニスカート」と呼ぶことにするが、スカートは不思議な効果を持ったアイテムだ。スカートを穿くだけで、性別に関係なく高貴なエレガンスが立ち上がる。ヴァレンティノのように、色をブラックとホワイトに絞り、ネクタイスタイルをメインにすれば、エレガンス濃度がさらに高まり、レングスがスーパーミニとなることで、都会的雰囲気のクールも加味される。

スーパーミニのネクタイスタイルを繰り返して見ていると、ウィメンズであるとか、メンズであるとか、性別に対する意識が薄れていき、ファッションそのものの美しさだけを見つめている気分になった。コレクションでは、ドレスというウィメンズの象徴的アイテムも多く発表されていたが、私にはドレスがなんだかノイズに感じられてきてしまった。

テーラードだけに絞って、コレクションを発表して欲しかったと思うほどだ。そうすれば、ヴァレンティノの2023AWコレクションは、その独自性と個性をさらに際立たせ、テーラードという伝統のファッションを用いているにも関わらず、コンセプチュアルなコンセプトで展開されたデザインにも到達しただろう。

だが、コンセプチュアルはヴァレンティノの目指すところではないし、ヴァレンティノの顧客に提案するものでもない。イタリアンエレガンスが魅力のヴァレンティノにとって、注目度の高いランウェイでドレスを発表することは、ビジネス的に非常に重要なことだ。ヴァレンティノでコンセプチュアルなデザインが見たいというのは、面白いモードを求める私のわがままにすぎない。

ジェンダーレスが浸透した今、「女性らしさ」「男性らしさ」について語ることは間違っているかもしれない。しかし、女性と男性には体型に明確な違いがあるように、やはりそれぞれの性別が持つ固有の魅力はあるはずだ。ジェンダーレスファッションが当たり前になった今だから、改めて女性にしか表現できないエレガンス、男性にしか表現ないエレガンスを磨き上げることで、現代のジェンダーレスファッションと融合して、さらに新しいファッションが生まれるのではないか。

最近はそんなことを考えていたのが、ヴァレンティノのスーパーミニテーラードを見ていると、性別の境界を超えたファッションのエレガンスは、まだまだ探求する領域があるように思えた。もっと、もっと驚くべき新しいファッションが、境界が曖昧になったと思えた性別の狭間の、奥底にはまだ眠っているのかもしれない。ピエールパオロ・ピッチョーリは、ジェンダーレスファッションの秘めた可能性を示した。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です