展示会レポート Doublet 2025SS

久しぶりに展示会レポートをお送りしたい。今回は「ダブレット(Doublet)」2025SS展示会についてお伝えする。毎シーズン、驚きのアイデアとユーモアを提供してくれる「ダブレット」は最新シーズンも楽しませてくれた。まず会場を訪れると出迎えてくれたのは、こちらの女の子たちだった。

続きを読む →

フミト ガンリュウのミニマルストリートウェア

AFFECTUS No.376

マンガであれ映画であれ、音楽でも料理でもいいのだが、初めて体験した際には特別な印象を持たなかったのに、2度目の体験をした時に1度目とは印象がポジティブな方向に変わることはないだろうか。そう言われて私が思い出すのは、東京・竹橋の近代美術館でアンリ・カルティエ=ブレッソンの回顧展を見た時だった。近年で言うと、アニメ『86 ーエイティシックスー』を視聴した時も該当する。

続きを読む →

メンズウェアはOAMCとジル サンダーが眩しい

AFFECTUS No.375

2024年6月19日、「OAMC(オーエーエムシー)」はブランドの創業者であり、クリエイティブ・ディレクターを務めるルーク・メイヤー(Luke Meier)の退任を発表した。ルークによる最後のコレクションは2024SSコレクションとなり、以降はデザインチームがコレクション製作を担っていき、ルークは一部のプロジェクトには関わり続ける。

続きを読む →

ジェームズ・ディーンとサカイの邂逅

AFFECTUS No.374

サイドをタイトに撫で付け、前髪をかきあげたリーゼント、逆台形で角が丸みを帯びたウェリントン型の黒いセルフレーム、ハードな黒いライダースジャケット、白いプリントTシャツ、そしてワイルドなシルエットのパンツ。ファーストルックの出立ちからして、2025SSコレクションの「サカイ(Sacai)」は何か違う。

続きを読む →

ドリス・ヴァン・ノッテンはモードの真髄を表す

AFFECTUS No.373

自ら創業したブランドを去るという、誰もが驚いたドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)退任のニュース。彼のラストコレクションは、いったいどのようなものになるのか。6月22日、「ドリス ヴァン ノッテン」2025SSメンズコレクションがついにパリで発表された。ラストショーは、メンズファッションウィークの期間中に発表されたが、ウィメンズラインとの合同発表だった。

続きを読む →