ゴーシャ・ラブチンスキーにざわつく

AFFECTUS No.9

ヴェトモンがきっかけとなり、東欧、特にロシアに注目が集まっている。その中でも注目度高く売上も伸ばしているのが、デムナ・ヴァザリアの友人でもあるゴーシャ・ラブチンスキー。コムデギャルソンがサポートしていることでも有名だ。

そのゴーシャ、2017SSはピッティでショーを開催した。そのピッティでのショー映像を、録画していた『ファッション通信』で観たのだが(そういえば、ゴーシャのショー映像を観たのはその時が初めてだ)、そのとき不思議な感覚に襲われた。

「なんだ、これ……」

気がつくと心のうちで、そう呟いていた。それはゴーシャの服に向けられた言葉ではなくて、ゴーシャのショーを観て自分が感じた感覚に向けられた言葉だった。

ゴーシャのショー映像を観ていたら、何か迫ってくるような圧力を感じた。その瞬間に出てきた言葉が「なんだ、これ……」だった。その圧力に圧迫されて、胸がざわつく。けれど、すぐにこの感覚が初めての体験ではないように思えた。どこかで感じた感覚。懐かしさのある感覚。でもその感覚を思い出すとノスタルジーよりも、テンションを高められる感覚。なんだろ、どこで感じたんだ?そう思っていると思い出した。僕が10代のころに見ていたラフ・シモンズから感じていた感覚と、まったく同じ感覚だった。それがゴーシャ・ラブチンスキーのショーにはあった。

当時のラフ・シモンズと今のゴーシャ・ラブチンスキーのデザインは違う。ラフの服はベースはとてもスリムなシルエットで、スクールテイスト。ワイドパンツやロングTシャツもあったが、それはビッグなシルエットというよりもむしろその服を着るモデルの身体の細さを強調するような流麗なフォルム。一方、ゴーシャはスケーターのスタイルをベースにしたルーズなシルエット。それは同じルーズなシルエットでもラフとは違い、野暮ったさを感じるシルエットだ。だから服のデザインから感じたものではない。けれど、その2つのブランドには共通点があった。それはある特定の世代、子供と大人の間にいる男性たち「若者」へ向けた服であったということ。僕が感じた迫ってくる圧力は、若者たちへ向けられた服から感じられる特有の感覚なのかもしれない。

ゴーシャの服はダサい。でもそれは大人から見た感覚だ。ファッション通信でも言っていたが、大人には理解できない若者の感覚。けれど、それが自分たちはカッコイイ。そういう感覚で作られた「オレたちのための服」だ。それは昔のラフ・シモンズもそうだった。初めて現れたオレたちのための服。その特別な服からのみ感じられる、圧迫感。それにもう若者とは言えない自分は気圧された。そしてゴーシャはかなりの才能があるんじゃないか……と怖さも感じるぐらいだった。

彼は時代を動かしていくメンズのニュースター(もうそうなっているか)になる予感さえも感じた。そしていずれ、彼はパリのラグジュアリーブランドでウィメンズも手がけるんじゃないかと思い始めている。どこのブランドだろうと想像して、すぐに思いついたのがジバンシィだった。もちろん、今のリカルド・ティッシの安定感から考えたらジバンシィへの就任なんてありえないだろう。でも、ありえないと思っていることが現実に起きるのが今のファッション界。何が起きても不思議じゃない。なぜジバンシィがいいのかというと、ブランドが起用してきたディレクターたちの歴史が理由。ガリアーノにマックイーン。この2人を起用している時点で、もうゴーシャはジバンシィがいい。

閑話休題。

特定の世代である「若者たち」に向けて作られた「オレたちのための服」。それが、ゴーシャのショーから感じた圧迫感の正体だと認識した。ダサいけどよくわからないけど、引き付けられる魅力がある。それって、けっこう最強だ。奇しくも今回のピッティで、ラフとゴーシャはショーを開催した。どちらのショーも映像で見て、僕の好きなデザインとテイストはラフ・シモンズだ。それは間違いない。けれど、胸の内に起きたざわつきはゴーシャにあった。それはラフよりゴーシャの方がより今の時代を鋭く掴んでいるからだと思う。ラフはカッコイイ。ラフが手がけると世界はカッコよくなる。けれど、今はそれとは違う価値観が生まれている。ダサさ。ダサいことがカッコイイ。ラフには難しいことだ。そういう時代の新しい価値を作っているゴーシャの服に、ざわつきを感じたんだと思う。久しぶりの体験で面白かった。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です