甦ったクレージュ

AFFECTUS No.10

2人の若い才能によって新しく生まれ変わったクレージュがいい。しかも、かなりいい。クレージュのディレクターとなった2人は、アルノー・ヴァイヤンとセバスチャン・メイヤー。まだ20代半ばという若さだ。彼らの詳しい略歴には触れないが、2015年LVMH PRIZEではファイナリストに選出される。しかし、クレージュのディレクター就任が決まり、ファイナリストを辞退している。

アルノーとセバスチャンによる新生クレージュのコレクションは最初から見てはいた。2016SSがスタート。けれど、本当に印象に残ったのはファッション通信でショー映像を見た時だった。

「え、けっこういいな……」

静かな驚きだった。かなり良かった。とってもミニマムなスタイル。白いレオタードにブルゾン合わすという、一見するとかなり変なスタイルなのに、そんな印象を抱かせずクール。他にもクルーネックの白いトップスにかなり短いミニスカート、もしくはほどよくゆったりなワイドパンツを合わせたりと、全体的にとてもコンパクトなシルエットにコンパクトなスタイリング。重さはどこにもなく、軽快そのもの。1960年代のクレージュが現代にフィットしたようなコレクション。時代のメインストリームとなるビッグシルエットやエクストリームな袖のレングスなどは一切なし。徹頭徹尾、クレージュの美学に沿ったコレクションが好印象だった。

そして翌シーズンの2016AWでそのキレは更に増していく。ビビッドカラーにベーシックカラーの色構成が未来感を醸す。シルエットはやはりコンパクト。トレンドがなんであろうと、クレージュの美学から外さない。コレクションを見ていると、1990年代を思わす。浮かんでくるデザイナーはヘルムート・ラング。ラングも未来感あるデザインが特徴の一つでもあった。けれど、ラングよりもスポーティでクールさは控えめで、女性の可愛らしさが香ってくる。服のデザイン自体は極めてシンプルで、ベーシックをベースにしている。やはり、彼らも「今までに見たことのない服」を作るのではなく、「これまでに見たことのある服をこれまでとは違う服」に作り変える手法。これが、現代ファッションデザインの潮流。

ますます彼らのデザインが気に入っていった。すると、彼らは2017リゾートでさらに心の奥に突き刺さるコレクションを発表した。モデルは1人も登場しない。ひたすら「モノ」にフォーカスしたビジュアルを発表。ブラックとホワイトを多用して色の配置を平面にしたデザインは、フラットデザインのウェブサイトを見ているよう。写真の背景も白い壁を一面にするという、ミニマムなブランドならやりそうなことから、アルノーとセバスチャンの2人は微妙に外す。背景には窓や壁、中庭の緑も入ってきたり部屋の角を写し込むなど、整った背景にはしてなくてどこか雑多な印象。しかし、風景の色はホワイトとシルバーという未来感感じさせるものでクリーンだ。

背景を雑多にしているところが、僕は時代の空気をうまく掴んでいると思った。今は綺麗に見せる、カッコよく見せる、自分を飾り立てることにリアリティ感じない時代になっている。憧れさせるのではなく、共感させることが大切。綺麗すぎるのは時代の共感を呼ぶものではない。2017リゾートの写真は、そういう時代の空気感を背景に盛り込んでいて、セバスチャンとアルノーの2人はファッションのメインストリームからは距離は置いているけど、時代のメインストリームにはこれでもかというぐらい近接しながらクレージュの美学に沿って時代を表現したコレクションを作っている。かなりレベルの高いデザインだ。この2人の才能は本物だ。

僕が女性に今おすすめするなら、クレージュを推したい。それほど魅力的なデザインだ。多分着たら目立つでしょう。好き嫌いも分かれるでしょう。コンパクトなフォルムだけど、色の配置やディテールが凝っていて、いわゆるモード感が強い。それにシグネチャースタイルを表現するミニスカート。なかなかレングスが短い。いざ着るとなると勇気がいるかもしれない。けれど、このクリーンでスポーティな服を着たら特別な空気をまとったスタイルになるはず。そしてそのスタイルに目を奪われそうな予感がする。今のトレンドがちょっと違うなあと感じる女性がいるなら、クレージュはぜひとも勧めたい。

アルノーとセバスチャンの手によって甦った新生クレージュは、今後ますますキレを増していきそうだ。注目のブランドが新しく生まれた。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です