ラフ・シモンズがカルバン・クラインへ

AFFECTUS No.12

ついに正式発表された。8月2日、カルバン・クラインがラフ・シモンズのチーフ・クリエイティブ・オフィサーへの就任をアナウンス。当初言われていたクリエイティブ・ディレクター職ではなく、より上位でブランドを幅広く深く統括するポジションへの就任だった。

ちなみに、メンズ・ウィメンズ・アクセサリーを担当するクリエイティブ・ディレクターには映画『ディオールと私』に出演していたラフの右腕、ピーター・ミュラーが就任した。

ようやく噂が現実になった。以前から報道されていただけにもう事実だし決定事項だろうとは思っていても、やはり正式発表があるまでは、一種の疑問を感じる日々だった。だいぶ待たされた心境である。結果的には、この待たされた時間が、新生カルバン・クラインへのポジティブな希望を世界にイメージして、結果的には良いマーケティングになったように思う。

肝心のラフによるカルバン・クラインのデビューは2017AWになる。ラフがどんなコレクションをカルバン・クラインで発表するのか。それが今後最も気になること。そのデザインについて、特にウィメンズについて考えてみたい。

ラフ・シモンズのウィメンズデザインの特徴を、僕なりに一言で表現するなら「違和感」になる。ラフのウィメンズは基本的には、伝統的なエレガンスに沿ったものだ。伝統的なエレガンスとは何かとなると、それは1950年代のオートクチュール黄金期を源流とするエレガンスだ。そのエレガンスをベースにラフの感性で「モダン」に表現する。そこに加わるエッセンスが違和感だ。

「なぜ、そんなところにそんなボリュームを?」
「なぜ、そんなところにそんな素材を?」

それがなければ誰もが美しいと理解できるデザインが完成するのに、違和感を持ち込み、見ている人間に疑問を抱かせるデザインを作り上げる。そんなラフのデザインを見て、以前僕は彼をアーティストだと称したことがある。それは色使いやシルエットを指して「美しさを感じた」からではなく、「視覚的に美しいとは思えない」ものを作り、そのことに対して服の背景へ誘(いざな)うような感覚を覚えたこと、それがコンテンポラリーアートのように感じたからだった。(ラフのウィメンズについては以前にアップした「ラフ・シモンズのウィメンズ」の方で、自分なりの解釈を詳細に述べているので、よかったらそちらを読んでもらえるといいかもしれない。)

ラフはカルバン・クラインでもその自身の特徴を打ち出してくると思う。というよりも、自然に出てしまうはず。ただし、ファーストコレクションとなる2017AWではその特徴は弱いと予想している。ジル・サンダー、ディオール、各ブランドでラフが手がけたファーストコレクションを見れば、そう実感する。ラフの初期アプローチとして革新はしないことがあげられる。まずは、ブランドの哲学や伝統にそって静かにスタートさせる。そして徐々に自身の感性を強めたデザインを発表していく。カルバン・クラインでもそのようなアプローチを取るのではないかと、僕は思っている。

カルバン・クラインと相性の点で考えると、もうこれは疑問の余地がないくらいにフィットするはず。ジル・サンダーがそうであったように、ラフのセンスとフィットするブランドはやはりミニマリズムを標榜するブランドだ。ただし、カルバン・クラインとジル・サンダーでは大きな違いが一つある。それはセクシーだ。カルバン・クラインには見る者を刺激する、匂い立つ色気がある。カルバン・クラインの2016AWのキャンペーンビジュアルを見れば、ますます実感する。その点でジル・サンダーとは大きく異なる。ラフのデザインは基本的にクールでシャープ。それがミニマリズムなデザインになるとより強くなり、硬質な印象さえ感じるようになる。カルバン・クラインのセクシーを、ラフがどのように料理するか。そこが僕が一番注目したいポイント。

ここからは、予想というより僕の願望になる。

ラフが自身のシグネチャーで1998年ごろに発表していた、あのころの感覚でカルバン・クラインをデザインしてくれないだろうか。当時の若者たちが「オレたちの服」と実感した当時の服には、スクールテイストがベースにあるだけにカジュアルな装いでありつつ、そのイメージはラフ自身の感性で表現しているためにとてもシリアスだった。あのデザインをウィメンズに転換すると、ノームコアを経てリアルベースのモード性へ移行しているという現代の流れを捉えた(かつ1990年代を踏まえている)、これからの新しいファッションデザインになるのではないだろうか。そして、そのデザインはミニマリズムでありながらジル・サンダーよりもセクシーでカジュアル、攻撃的で野心な一面さえも感じる「若さ」が濃厚に漂うカルバン・クラインにフィットするように思う。

今は、デムナ・ヴァザリアによるヴェトモンの登場以降、ストリートが時代の中心であり「ダサいことがカッコイイ」という価値観が時代のメインストリームになっている。ラフの手にかかると、世界はカッコよくなる。けれど、そのデザインはヴェトモンやゴーシャ・ラブチンスキーといった、今の時代をリードするデザインとは異なる。その時代の流れを、伝統的なエレガンスがベースにあるラフ自身の手によって大きく変えてしまう可能性がある。現代の空気感を取り込み、伝統的なエレガンスへの回帰。昨日の正式発表後の反響の大きさから、やはりラフ・シモンズの影響力は未だ大きい。その影響力の大きさを考えると、デザインによってはラフのカルバン・クラインが世界を動かす。そう思えてくる。

時代を支配する新しい価値観から、次の新しい価値観へ。そういうインパクトが本当に生まれるのかどうか。ファッションデザイン史的にそういう楽しみが生まれた、ラフ・シモンズの新しいアクションだった。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です