マーク・ボスウィックの写したバレンシアガ

AFFECTUS No.13

バレンシアガの2016AWキャペーンを撮影したフォトグラファーは、マーク・ボスウィックだった。まだ現役だったマルタン・マルジェラの作品ビジュアルを、撮影していた人物でもある。このボスウィックが撮影したバレンシアガのビジュアルを見ていたら、デムナ・ヴァザリアのデザインより、あるデザインスキルの可能性を感じてきた。

もちろん、それを狙ってやっているのかはわからないけど、このスキルによって「新しさ」を人々に感じさせることが可能ではないか。そう思えた。

初めてボスウィック撮影によるバレンシアガのビジュアルを見たとき、こう感じた。新しい美しさかもしれない、と。今見ても、デムナによるバレンシアガのウィメンズは違和感を抱くデザインだ。特にコートの人工的で硬いシェイプは異物に感じる。けれど、ショーからだいぶ時間が経った今、改めて見てみると、あまりそれが気にならなくなっていて、むしろこの硬いと感じたデザインは「あり」なのではと思い始めていた。美しいとは思わないのに、美しいと思い始めさせるこのヴィジュアルが怖くなった。違和感が拭えないのは変わらない事実。だけど、新しい美しさにも感じ始めている。

そこで、2016AWのショー映像を見てみることにした。印象は変わらない。初めてこのショー映像を見たときと同じで、ショーで見るとデザインから感じる違和感は強く、ポジティブな感情が生まれてこない。しかし、その違和感感じる服を、ボスウィックが撮影した日常風景に溶け込ませたキャンペーンビジュアルで再び見てみると、やはり新しい美しさに感じ始めていた。なぜ、こうも印象が変わるのか。なんなんだろう、この感覚は。そんな不思議な思いにとらわれる。

今度は映像ではなく同じ写真で比較することにする。バレンシアガのツイッター公式アカウントに、別のビジュアルがアップされていた。それは背景にシルバーの布のようなものを使い、その布らしきものの前にモデルがポーズをとって立っている非日常的な写真だった。

すると、その写真からは、キャンペーンビジュアルから感じたポジティブな感情が生まれてこなかった。つまり、リアルな日常風景を背景にすると、アクの強いデザインが肯定的に感じられるということだった。服そのものではなく背景によって、服の感じ方が変わってくる。これは面白い発見だった。

違和感感じるデザインの服を、日常の風景を背景にして写すことで、そのデザインに違和感ではなく「新しさ」というポジティブを感じさせることができる。そういうデザインスキルがある。僕はそう実感する。非日常×非日常なら「否」が多くなる。だが、非日常×日常なら「賛否」が混じり合う。僕は「賛否」が入り乱れたものに、人間は新しさを感じると思っている。つまり見た人たちの心境を、そういう「賛否」が入り乱れた状況へ持っていけば、人が「新しい」と感じる可能性は高まる。まさにデザインのスキルと言える。

例えばこういう使い方があるのでは。制作した作品があるとして、それを自分はすごく好きだった。けれど、どうやら自分はこんなにも好きなのに、人から見たらおかしな作品らしく否定ばかりされる。そんなときに、その作品を日常のありふれた風景やシーンと同化させたビジュアルやプレゼン資料を作り、発表する。するとそのデザインに賛同してくれる人たちが増え、新しいという評価が得られるかもしれない。

この方法は逆アプローチとも言える。つまりは作品そのものが本当に新しいかどうかは、ここでは関係ない。制作した作品を新しいと感じてもらうための方法。人間が新しさを感じる際の感情は、アートやデザインの歴史を振り返ると、概ね賛否が入り乱れた状況であることが多い。そういう状態に、人の感情を持っていくための見せ方を作り上げる。

ちなみに、デムナ・ヴァザリアのバレンシアガが新しくない、と言っているわけではない。正直、僕はデムナのバレンシアガを掴みきれていない。ただ、少なくともヴェトモンより見る楽しみはバレンシアガの方が上だと僕は感じている。以前のブログ(『ヴェトモンの服』)にも書いたが、僕にとってデムナのバレンシアガは村上春樹的魅力が潜んでいるし、いずれヴェトモンよりバレンシアガの方が、その影響力を拡大するのではないかと思っている。

このデザインスキルが確実に成功するとは思わないけど(そもそも成功を100%約束する方法なんてないと思うが……)、作品そのものは問わないで、人が例えば「かわいい」や「面白い」と感じた時の心理状況を把握して、その心理状況を生み出す見せ方をすることで、自分の作品を狙い通りのポジティブな評価へ持っていく。うまく完成すれば、それが実現可能なスキルではないだろうか。その「うまく」というのが、難題なのだが……。

今回はボスウィックの撮ったビジュアルから、これまでの自分では発想したこともないデザインスキルの可能性を感じられる面白い体験だった。一流のクリエイターの作品に触れ、そこで自分が何を感じたのか、なぜそのように感じたのか、それを考える大切さを改めて知る。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です