ジュンヤ・ワタナベの退廃的美しさ

AFFECTUS No.14

西洋の王道エレガンスに勝負できる日本人デザイナーは誰?と訊かれたら、すぐに二人の名前が浮かぶ。一人は山本耀司。オートクチュール期間中にプレタポルテを発表した2003SSコレクションは、それを証明している。そして、もう一人が渡辺淳弥である。

コム デ ギャルソンの人間が王道のエレガンス。それだけ聞くと首を傾げたくもなるが、僕が渡辺淳弥の作る服から最も魅力を感じるのは、アヴァンギャルド性が発揮された最新素材や技術を使った服よりも、女性の身体を美しく見せるカッティングが施されたエレガントな服だ。

渡辺淳弥にそういう王道エレガンスが備わっていることを、明確に初めて感じたのは2002AWコレクションだった。グレーを基調に細く流れるラインを描くスリムなロングドレスを多く発表し、ウエストのシェイプが強くラッフル状にヘムラインが広がったジャケットはとても美しかった。

そこには、最新素材を使ったジュンヤ・ワタナベとは全く異なる魅力が潜んでいた。時代や歴史、伝統、そういう時間を感じさせる美しさが漂っていた。発表されたロングドレスの裾は、引き裂かれ穴があき、退廃的で朽ちていた。それが実に美しい。静かに忍び寄ってきて、そっと語りかけてくるような美しさ。

そしてその退廃的美しさを再び感じたのが、1年後の2003AWコレクションだ。それはクラシックな装いが一段と強まったコレクションだった。素材にツイードを多用し、ショートジャケットとロングのフレアスカートを軸にしたスタイル。そしてジャケットとスカートの裾は切り裂かれ、糸が垂れ下がり、ゆらゆらと揺れる。ココ・シャネルの服が、長い時間を経て発見された服。そんな印象を抱いた。一度は完成したきれいな服。それが朽ちていく様子をとどめた服。そんな服だった。だけど魅力はそれだけではなかった。

古さの中に新しさがあること。それがこの退廃的美しさの魅力だった。この2003AWを見ると、顕著に感じる。一見するとココ・シャネルをイメージする服。だけど、ココ・シャネルの服とは異なる若々しいシルエットが渡辺淳弥の服にはあった。ココ・シャネルは女性に開放をもたらすために、ジャージ素材を使い、身体を締め付けないストレートシルエットの服を作っていた。そんなシャネルだから、女性を前時代に戻すようなシルエットのディオールのニュールックに激しい怒りを見せた。

渡辺淳弥がこのコレクションで作った服には、シャネルの思想に反するように女性の身体のラインにそうようなシルエット、そしてそのシルエットの作るテクニックがシャネルの時代とは違う現代らしい複雑なパターンで服を作る挑戦的要素があった。身体のラインを強調すると若々しさが生まれる。たしかにシャネルの服よりは若々しい。けれど、現代と比較すればその若々しさはとても控えめでクラシック。

それにこのコレクションは、ディオールのニュールックほど女性の身体にフィットしていない。ほどよい空間が服にある。これならココ・シャネルも、満足はしなくても納得するんじゃないかと思えた。「あなた、なかなかやるわね」というふうに。スカート丈がシャネルの嫌う膝をちゃんと隠して、くるぶしにまで到達するロングスカートばかりというのも、シャネル的にはポイントが高いのではないだろうか。僕の妄想だけど。

時間の経過とはなんだろう。時間が経過していくことで、廃れていくものや消えていくものがある。その一方で次の時代を担う新しさの芽が息吹いていくる。それが僕にとっての時間の経過。古くなっていくだけではない、何か現代的な新しさが見え始めている。そんな時間の経過を、ジュンヤ・ワタナベの服から感じて、そしてそれはとても悲しくもありながら美しくて、その退廃的な美しさに僕は魅了された。やはり自分は悲しさを感じるものが、好きみたいだ。

最新素材や最新技術を積極的に多用する。そしてその服が、オブジェとしてではなく服としての魅力を持つデザインになっている。その一方で、歴史と伝統への興味もあり、それを自分なりに解釈した服を作る。シンプルなデザインであっても、そのシルエットを作るテクニックに複雑さと面白さがある。川久保玲と山本耀司以降の世代に現れた服作りの天才。それが渡辺淳弥だと僕は思っている。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です