世界をフラット化するコシェ

AFFECTUS No.15

今一番気になるブランドはどこかとなると、それはコシェになる。コシェのショー映像は何度見ても、心の内がざわつく。それは、身体の中心から波立つような感覚だ。同時にコシェのショー映像を見ていると、服を作りたい意欲が刺激される。自分も何か作らなくちゃいけない。そんな気持ちに駆り立てられる。

最近になって、デザイナーのクリステルのインタビューが、日本のメディアで掲載されることが増えてきた。そのインタビューを読んでいると、彼女にとっての服を作る意味が見えてきて面白い。クリステルはインタビューで「着たい服を作る」という旨の発言はしない(僕が読んできたインタビューでは)。常にその服のデザインに込められたメッセージ、自身の伝えたい価値観を述べている。クリステルにとってファッションデザインとは価値観を伝えることで、その価値観はファッションでしか伝えられない類のものだ。ショー映像を何度も見ていくうちに、そう感じるようになった。

コシェのデビューショーは、2016SSになる。会場は地下鉄の駅に直結する道だ。普段はたくさんの乗降客が通り過ぎる場所。そこをランウェイにした。だから、ショーに招待されたファッション関係者のみならず、たまたまそこを通った一般客もショーを見ていた。クリステルの価値観が最も強く濃く出ていると僕が感じるのは、モデルのチョイスだ。プロとアマチュアが混ざっているのはもちろん、いわゆるモデルのスレンダーで高身長な体型とは異なる、極々一般的な体型のモデルもいる。国籍、体型、性別。世界のあらゆる価値をミックスして、世界をフラット化する。

翌シーズンの2016AWでは世界のフラット化はますます強まる。会場はアーケードのある商店街の通りだ。またもファッションショーを開催するとは思えない場所。ランウェイとなったありふれた道を、緻密で技巧を凝らしたクチュールのテクニックを盛り込んだストリートウェアが、疾走感をまとって通り過ぎていく。

モデルや会場のチョイスに始まり、クチュールのテクニックをあえてストリートウェアに使ったり、彼女は価値観に差をつけないことを価値観としている。世界のあらゆる価値感はフラットである。そんなメッセージを僕は感じた。そして、それがクリステルを真面目だと僕が感じた理由になる。世界をフラットに見ようなんて、なんて真面目なんだ。

アノニマスなストリートをベースに、自身のバックグラウンドを生かしたデザインをすることで、ブランドの世界観を表現する。これがクリステルの手法だが、アノニマスなスタイルをベースにデザインする方法は決して珍しくはない。特にノームコアの登場以降、よく見られるデザインアプローチだ。

これまでは「自分の着たい服を作りたい」という視点でアノニマスなスタイルをベースにデザインして、リアルな服を作るケースが多かったように思う。けれど、コーシェのコレクションに新鮮さを感じるのはそのアプローチに、これまでとは異なる視点が入っているから。クリステルは自分が大切に思い、面白いと思う価値観(むしろ哲学・思想と言ってもいいかもしれない)を現実世界へ伝えるために、リアルな服を作っている。デザインアプローチの先進性という意味では、ヴェトモン(デムナ・ヴァザリア)の方が強いけど、クリステルのアプローチは旧来の手法に新しい視点を取り入れたデザインで面白い。

クリステルの価値観(思想・哲学)は、世界に対して、人間に対して正面から見据えたものだ。そして、その姿勢は恐らく間違っていない。人間のために服を作る。自分ではない、誰かのための服。それがファッションデザインの核心ではないだろうか。その核心に対して真っ当な姿勢が強いエネルギーとなって、ショー映像を見ると僕の心がざわつかせていた。そして、それが服を作りたいという意欲も駆り立てていた。コシェのショー映像を見ることで「自分も自分以外の誰かのために服を作りたい」という気持ちを刺激していたんだと思う。

コシェは、LVMH PRIZEやANDAMではファイナリストになりながらも、グランプリはおろか何の賞も受賞することはできなかった。けれど、そのビジネスが徐々に広がる様を見ていると、審査員たちの判断は間違っていなかったように思える。彼女なら独力でその世界を人々に伝えられるはずだ。世界をフラットに見ようとする強い意志を持つ彼女なら、きっと。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です