マルタン・マルジェラ 2001SS

AFFECTUS No.17

ヴェトモンの存在もあり、現代のファッションにおいてマルタン・マルジェラの存在がクローズアップされる機会が増えている。マルジェラのデザインの中でも、最も大きな影響力を及ぼしているのが極端に大きすぎるほどに大きいビッグシルエットだろう。今ではエクストリームシルエットと呼んだ方がいいだろうか。

マルジェラがこのビッグシルエットを発表したのは、今回取り上げる2001SSが初めてではなく、この前シーズン2000AWで既に発表している。そして2001AWでも、このビッグシルエットを継続してマルジェラは発表している。

その中でも、僕はこの2001SSに興味を惹かれた。そしてその感覚を見たままに書きたくなった。そもそもなぜ、このコレクションに興味を惹かれたのか。それは、ジャケットとパンツというスタイルが目についたからだ。ジャケットとパンツ。スーツやセットアップとも表現されるスタイル。このスタイルに僕が抱いていたイメージは、身体を端正に包むスタイルというものだった。つまり「人間の身体」を正確に表現する服と言える。人間を最も強く感じさせてくれるスタイルだ。しかし、マルタン・マルジェラはスーツ(ここではそう呼ぶ)を破壊した。

最初見たときの感想は「バカげた服を作っている」。この服を一体いつどこで着るというのか。自分がそれまで抱いていた常識から大きく逸脱したものには、共感が生まれることは難しく、反発が生まれるのは常ではないだろうか。怒りとは言えないまでも、その類の感情を僕は抱いた。

僕がファッションの歴史上、最も尊敬するデザイナーはマルタン・マルジェラだ。だけど、尊敬するからといって、そのデザインにいつも共感していたわけではない。振り返ると、「よくわからない」とモヤモヤした気分を感じさせられることが多かった。そのモヤモヤが晴れることはないけど、その感覚がいつもでも沈殿して、そのモヤモヤの中で生かされているような、そんな感覚をずっと引きずる。それが自分にとってのマルタン・マルジェラだった。そういう意味では、このビッグシルエットはずっと気になっていたデザインだ。

今回改めて見ると、この服から「新しい人間」の存在を感じた。現代の人間よりも一回り以上身体の大きい人間の存在。その人間のために作られた服を、現代の人間が着ているような印象だ。その瞬間、ああ、なるほど、と腑に落ちた。僕にとっての服の魅力は「人間を作る」ことだ。着る服によって人の印象が一変する。その瞬間を僕は服が人間を作ったと思っている。その変化の面白さ、人間が生まれる面白さを感じられるから服が好きだと言える。それを視覚的にリアルに感じられるからだ。

人間を感じられる創作物として僕は小説も好きだ。小説には感情が書かれている。普段、目にすることのできない人間の感情が露わになっていて、その感情に触れられること、それが自分にとっての小説の魅力。だけど、それをリアルに視覚的には実感できない。やはり人間の面白さを視覚的にリアルに最も感じられるのは、僕は服だと思っている。

2001SSコレクションは、身体を端正に表現するスーツをベースにデザインしていたからこそ、その服の魅力を強く(モヤモヤ)感じられたんだと思う。だから惹かれてしまった。僕がマルタン・マルジェラのデザインで特に惹かれるのは、人間の身体へのアプローチが見られた時だ。それは今思えばの感覚なのだが。デビューコレクションで発表された、袖山が誇張されたジャケットなんてまさにそうだろう。ああいうアプローチが見られた時、僕はマルタン・マルジェラに惹かれる。またモヤモヤな晴れない気分を感じさせられるというのに。

マルタン・マルジェラの作品に、ファッションという言葉を使うのにためらう自分がいる。マルタン・マルジェラの作品は「服」と言いたくなる。その服に晴れない気分を感じさせられてきた。そしてこっそりと静かにファッション界から去った、その去り方にも晴れない気分が感じさせられた。その事実を知った時、マルタン・マルジェラはもうそこにはいなかった。なんてずるい人間なんだ。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です