メジョン・ガリジェラ

AFFECTUS No.19

ジョン・ガリアーノによるメゾン・マルジェラ(旧メゾン・マルタン・マルジェラ)のデビューは、2015年1月に発表された2015SS COUTUREになる。それから約1年8ヶ月の歳月が流れた。まだ、そんな短い歳月しか経っていないのかと驚いた。ガリアーノがマルジェラのディレクターに就任したのは、もっと昔に思えるから不思議だ。

今回、このブログを書こうと思ったのは自分の中に「もう、いいじゃないか」という気持ちが芽生えたからだ。ガリアーノ手がけるマルジェラのデザインは、デビュー早々、ある意味予想通りの声を耳にした。ガリアーノのテイストが強く、それまで抱いていたマルジェラのイメージを崩していたそのデザインに、批判的な声があがった。僕自身「これはマルジェラというよりガリジェラだな」という思いに至った。

そして、シーズンを重ねるたびにガリアーノのテイストは強さを増し、今回の2017SSである種の頂点に達したように僕には思えた。マルジェラというブランドのコードを意識した範囲内では最大限に自身の個性を反映した、とてもガリアーノらしい服だった。

その服を見て「ああ、ガリアーノは本当にファッションが好きなんだなあ」と僕は感慨深い気持ちになった。こんなにもファッションを愛する人間が、こうして作品を発表できている。その事実で僕は十分に思えた。マルジェラの世界を破壊して良いのか、という意見もあると思う。けれど、もうかつてのマルジェラは戻ってこない。それは不可能だ。僕はそう思っている。それは、マルタン・マルジェラ本人が復帰したとしても僕は無理だと感じる。マルタン・マルジェラの全盛期はデビューの1989SSから1990年代後半までの約10年と僕は思っている。その後のマルジェラのコレクションは、本人が手がけているにもかかわらず初期のような圧力は感じなくなってしまった。

マルタン・マルジェラがデビューしてからのあの10年は奇跡だった。もう二度と訪れることのない、ファッションデザイン史に刻まれた奇跡の10年だ。現在のマルタン本人がセンスの面でどういう状態なのかはわからない。けれど、あの輝きを再び発揮するのは無理に思える。リアルタイムで僕はあの10年を経験していないし、見ることができたのは主に写真や映像でだ。それでも迫る圧力を感じ、僕はそれらの作品写真を喰いるように何度も見てきた。

マルジェラの後任としてハイダー・アッカーマンと共にラフ・シモンズの噂もあった。例えばジル・サンダーとディオールのデザインを見る限り、ラフならマルタン・マルジェラの世界観を保持した上で最高の作品を見せてくれた可能性はある。ジル・サンダー時代に創業者のジル本人をも超えてしまった作品を作った天才のラフなら、その可能性は大いにあるかもしれない。けれど、その決して見ることのできない作品を想像した時に僕は魅力を感じるのだろうかと自問自答すると、その答えは否だった。ガリアーノのマルジェラを見てしまった後では、そう答えてしまう。

なぜそう思うのか。僕がファッションに感じる魅力の一つに、新しさを追求する姿勢がある。軽薄で節操がないと言われても、その新しさを追求する姿勢はやっぱり面白い。僕はファッションで過去に浸りたいわけではない(浸りたい時もあるけど)。特に、ここ最近新しさを求める気持ちが、以前よりもだいぶ強くなっている。データ重視、合理化が求められる時代に嫌気がさしているんだろう。そんなもので作られたものには、驚くような新しさはなくて、結局予想の範囲内でしかない。そんなもので新しいなんて言ってほしくない。

今まで見たことのない今までに見たことのある服。そんな服が、僕は見たい。その極めて個人的な欲求を、もしかしたらガリアーノのマルジェラは満たしてくれそうな予感が僅かにしてきた。だから、かつてのマルジェラの世界に沿ったものよりも、マルジェラを意識しながらもマルジェラでは絶対に作らなかった服を作るガリアーノに期待したくなっている。それに、妄想しすぎと言われそうだが、今回の2017SSを見ていたらガリアーノが楽しそうに服を作っている姿が浮かんできた。

学生時代、ディオール時代のガリアーノの制作風景を写した映像を見たことがある。彼はとても楽しそうだった。その姿には、ファッションの自由で楽しいという魅力が詰まっていた。学生時代に見たあのガリアーノの姿が、今回のコレクションを通して見えた気分になって(誤解で錯覚かもしれないが)、なんだかもうあーだこーだ言わないで、このマルジェラテイストのガリアーノの服を、純粋にイージーに楽しみたい気持ちになった。今ではブランド名を変えたことは正解だとさえ思っている。

これはメゾン・マルタン・マルジェラではなく、メゾン・マルジェラ。新しく古い。古くて新しい。まるで、それはマルタン・マルジェラが作った服そのものみたいだ。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です