ミウッチャ・プラダの違和感あるデザイン

AFFECTUS No.20

ミウッチャ・プラダは不思議なデザインをする。その印象は今回発表された2017SSでも変わらない。彼女のデザインは、一見するとコンサバなスタイルをベースにしていて、そのアイテムは見慣れた印象を受ける。けれど、その印象は最初だけだ。すぐさま、そのデザインの違和感に気づく。見慣れたはずのアイテムが、おかしなことになっている。

そのデザインの特徴を見るには、今回の2017SSよりも前回の2016AWのほうがわかりやすい。下記のURLをクリックすると、そのコレクションがアップされたVOGUE RUNWAYが見られるので、時間のある時に一度見てもらえたらと思う。

http://www.vogue.com/fashion-shows/fall-2016-ready-to-wear/prada

この2016AWでベースになっているのはマリン。もう、この時点でおかしいのだが……。AWシーズンなのにSSを代表するテーマであるマリンをベースにデザインというのが、ミウッチャの特徴の一旦を表している。ミウッチャは、こういう「違和感」を積み重ねていく。このマリンをベースにデザイン展開されていくのだが、見ていくとすぐさま「あれ?」と違和感を感じる。ノースリーブのドレスや半袖シャツなど、SSシーズンのアイテムが散見されるのだ。そこに、幻想的な植物柄やオリエンタルな柄の素材が使われ、そして毛皮を使ったアイテムも登場し始める。

それだけじゃない。ブリティッシュなチェック柄のアウターを纏ったモデルも現れ、世界は混合を始める。ミウッチャの世界に境界は存在せず、彼女が目にするものはすべてフラットで、デザインの素材になりうる。

先ほど「混合」という表現を用いたが、ミウッチャのデザインを表するときにその言葉は適切ではなくて、どちらかというと「配置」という言葉が最もフィットする。彼女のデザインは、ピックしてきた素材(布地だけでなく、デザインのインスピレーションとなっているものすべてを含めたもの)を、コンサバベースの服を纏った女性の身体に配置を始める。そのデザインは、うまく調和をとって着地させるというよりは、明確な境界を持って色や柄、ディテールをぶつかり合わせている。その各要素のぶつかり合った際の視覚の面白さが、彼女のデザインの特徴。

通常、ファッションデザインはバランス取りながらデザインしていくものだが、彼女はバランスを取ろうとしていない。カーキ色のミリタリーコートの上から、そのウェストに白いコルセットを思わせるアイテムを巻きつけたり、一見するとリアリティ感じさせるアイテム同士なのに、リアリティとは違う感覚を感じさせるスタイルが完成している。バランスなんて無視。まるでミウッチャがこう言ってくるようだ。

「バランスとって何が面白いの?」

波風立ててこそ面白い。調和を図ろうとしない時に生まれる様。その様の面白さを彼女は知っていて、それをファッションデザインという形で視覚化して提示してくる。

ファッションデザインでインパクトを残すには、アヴストラクトな造形にする方法がある。いったいどこで着るのか、誰が着るのか、これはコートなのかシャツなのかワンピースなのか、アイテムがカテゴライズできない。そんな印象を抱かせる服を、僕はアヴストラクトと表現している。そういう服は確かにインパクトが強い。それが新しさに繋がることもある。

けれど、ミウッチャのアプローチは異なる。インパクト出すために抽象性を持ち込まずにデザインする。そこに、僕はミウッチャのデザインに知性を感じる。あくまでリアルな服をベースにする。コンサバとさえ思わせるアイテムとスタイルがデザインのベースとなる。その服に、ミウッチャが見つけたきた時代感をつかんだ面白いデザインソースを配置させて、そのぶつかり合った様を調和を取ることなく見せてくる。強烈な要素をぶつかり合わせているにも関わらず、結果その印象は破綻せずある種のエレガンスとフェミニニティが立ち上がっている。絵画的ではなくグラフィックデザイン的な印象だ。

ミウッチャは当初からこういうデザインスタイルだったわけではない。プラダの初期のコレクションを見ると、どこかのニューヨークブランドかと思える王道的コンサバなデザインだ。けれどいつしか、彼女はそのデザインスタイルを変えてきた。しかもアヴァンギャルドかつコンサバティブな服という、かなり稀なスタイルへ。一見すると素直にポジティブな気持ちにはなれないデザイン。違和感を感じる。けれど、時間の経過と共に、その違和感が面白くなり始める。ただ面白いと感じさせるだけでなく、フェミニンな感覚も伴って。

もし、世界中のファッションデザイナーで、誰にデザインの本を最も書いてもらいたいかと問われたら、僕はミウッチャ・プラダと答える。それほど、彼女のデザイン理論は気になる。彼女のフォロワーとなるようなデザインは、まだ現れていないと僕は感じる。最近のジョナサン・アンダーソンには同種の匂いを感じ始めたが、アンダーソンはアヴストラクトな香りが強い。その点でコンサバティブなミウッチャとは異なる。ミウッチャ・プラダがどのような考えでデザインしていくのか、それがとても知りたい。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です