日常に寄り添ったディオール

AFFECTUS No.21

ラフ・シモンズ退任後、ようやく正式に決まった後任のクリスチャン・ディオールのアーティスティックディレクター。まさかの人間が指名された。ヴァレンティノでピエール・パウロ・ピッチョーリと黄金コンビだった、マリア・グラツィア・キウリがクリスチャン・ディオールの新アーティスティックディレクターとなった。

そのキウリによる新生ディオールが、2017SSに発表された。キウリがピッチョーリと離れて、どんなデザインを見せるのか。そこに興味が注がれた。そしてショーをリアルタイムで映像で観ることとなった。1stルックは、男性的ショートカットのモデルが登場し、そのスタイルにはフェミニンな要素はまったくなく、白いメンズテイストのスタイル。けっこう意表意表を突かれた。次々に現れるルックを見ていると、かなりリアルでカジュアルだと感じた。

クリスチャン・ディオールがここまで日常に寄り添った服を、コレクションで発表したのは初めてじゃないかと思えるほどだった。ラフ・シモンズのコレクションも、かつてのディオールから見ればかなり日常に近づいたリアルなデザインだったが、このキウリのコレクションを見た後では、ラフのディオールはまだまだファンタジーが強いと感じるほどだ。

ここまでカジュアルな装いのディオールに、途中までは物足りなさを感じた。しかし、コレクションを見ていくうちに、これは良いかもと思い始めた。その理由は、時代性を濃厚に取りいれたまさに「今」といえるディオールに感じたからだった。

僕は服に良いも悪いもないと思っている。あるのは、時代に合うか合わないか。ただそれだけ。以前はダサいと思われていた服が、今はカッコイイと言われる。それがファッションだから、服のデザインに良いも悪いもなくて、単に時代に合うか合わないか、それだけだと思っている。ファッションデザイナーに最も必要なのは、そういう時代の空気を感じて形にできる能力だと思っている。時代に対してどれだけ敏感であるか。

そういう意味ではキウリは、時代に対してとても繊細で敏感なセンスを発揮した。それをディオールの本質ともいえる「硬質なエレガンス」というフィルターを通してうまく表現したと僕は思う。ニュールックは、本当ディオールの本質を的確に捉えたデザインだ。あたりまだけど。エレガンスでフェミニンな要素はあるが、とてもダイナミック。力強さのあるエレガンス。それを僕は「硬質なエレガンス」と称していて、ディオールに欠かせない要素だと思っている。

キウリはフェミニンな方向に振れるのだろうかと思ったが、そんなことはなく、コンパクトでスリムなシルエットで、ライダースや中世の甲冑を思わせるベストをトップに持ってきながら、色は白をベースにしてピュアな空気を感じ、Aラインのロングスカートを混ぜたスタイルは、リアリティを何よりも重視する現代の時代感を掴みながら、ディオールの硬質なエレガンスをうまく表現したスタイルとだと感じた。

ノームコアが過ぎてモードが復権と言われるが、現実的にはあくまでノームコアのシンプルでリアルなデザインをベースに、そこにデザイン性を入れた服が時代のメインストリームになっている。残念ながら、僕は以前のような全身で主張するような、とんがったデザイン(とりあえずそれをモードと定義するなら)のモードはしばらく戻ることはないと思っている。何度も言っているが、ウェブの進化とSNSの登場と発展により、今は憧れよりも共感を人々が求める時代。遠くへの憧れよりも私が共感すること。今はそういう時代だし、その時代の流れが変わる気配はまだまだ見られない。人々の生活スタイルが変わらない限り無理だろう。

ディオールが作ったデイリーウェアは、強烈なインパクトは感じなかったが(そもそもインパクトあることが良いのか、という見方もあるが)、その潔い装いにピュアな空気を感じる佇まいは好感だった。単純に服の売上が伸びるんじゃないか、とも思えた。

次にキウリが発表するディオールのコレクションは、2017SSのオートクチュールだ。クチュールで発表するコレクションこそ、ディオールにとって最も重要。そこでキウリがどんなコレクションを発表するか。楽しみに待ちたい。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です