フラットデザイン、SNS、コンセプト

AFFECTUS No.25

ファッションに限らず、デザインはその時代の中心となる産業やモノに大きく左右されていく。そういう意味で現代の中心はウェブを中心とした業界で、一番大きな転機になったのはやはりiPhoneの登場だと思う。

感覚的にシンプルな操作が特徴のスマホの誕生と呼応するように、ウェブサイトのデザインが装飾やリアリティが重視されたリッチデザインから、スクロール重視で立体感を失った平面的なデザインに簡略化されてシンプルになっていった。ウェブサイトの簡略化を推し進めたのが、Windows 8の登場。これを機に、いわゆるフラットデザインがWindows 8のModern UIによって本格化し進行した。ちなみにフラットデザインに関しては以下の本が読みやすくおすすめ。

『フラットデザインの基本ルール』佐藤好彦 著

現代の人々にとって、ウェブに触れない日はないというぐらいに、ウェブが世界に与える影響力はとてつもなく大きい。日常的に触れているモノの感覚が変われば、それに触れている人々の感覚も否応なしに変わる。変わらないほうが難しい。一緒に住んでいる人がいたら、その人の影響は否応なしに受けるように。

フラットデザインが進行することで、世の中ではよりイージーで感覚的に楽しめるモノが好まれるようになった。写真をメインにしたInstagramの利用者が増加していったのも、そういう時代感覚の変化があったからだと思う。というより、そういう時代変化の感覚を掴んだから、創業者のケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーはInstagramをスタートしたのかもしれない。

フラットデザインが流行という枠を超えて、世の中にあるのが当たり前になっている今、人々の娯楽の中心は何だろう。スマホ?SNS?僕の結論はクリエイティブだ。つまり創造的な行為。SNSが時代の娯楽の中心と考えてもいいのだけど、そこをもう少し突っ込んで本質を捉えてみると、クリエテイティブではないかと思う。今は個人が自分のクリエイティヴィティをイージーな感覚で作りSNSを通して発表、そしてその反応を楽しむ時代。それが全世界で行なわれている。毎日世界中の人々がクリエイティブな行為を、国を越えて楽しんでいる。こんな時代、人類の歴史上初めてだ。

その時代の変化に伴い、人々の価値観も当然変わってきた。例えば、00年代はまだメディアの力が大きかったと思う。そしてメディアに登場するモノやヒトに、憧れを抱き消費が行なわれていく。そんな時代だった。けれど今は違う。大切なのは、テレビの向こうにある遠くの憧れよりも自分の価値観。今、人は何よりも自分の価値観が大切で、自分がいいと思えるモノやヒトを自らウェブやSNSで発見し、自分の価値観への共感を楽しんでいる。もちろん、自分の価値観に共感を得る楽しみは昔からあったけど、現代ではその楽しみがより強く露わになってきた。

そういう時代の流れを経て、個人がクリエイティブを楽しむ行為はますます深化する。その手助けを、これから次々に生まれるであろう新たなSNSやアプリが行うだろう。この時代の流れは止まらない。では、そういう時代にあって、必要になる価値観とはなんだろう。それは「自分らしくあること」だと僕は考える。自分の感性で自分らしいモノを作りアップし、そこに共感を得る。クリエイティブを楽しむには、自分らしくあることが大切だ。

それをファッションで体現していきたいのが、僕のコンセプト“GOOD BODY, GOOD HEART”「からだにいい、こころにいい、ここちよさ」になる。

服を着て、綺麗になるよりも可愛くなるよりも、心地よくなること。その服には綺麗さや可愛さを感じることは、もしかしたら、ないかもしれない。だけど着てみたらとても心地よく、自分の姿を鏡で見たらなんだか自分らしいと思える服。僕は服を、服の綺麗さや可愛いさで選ぶより、服を着たときの心地よさで服を選ぶ楽しみ方を伝えたい。心地よさを感じると、人は自然と自分らしく振る舞える。服を着ることは、人からどう見られるかが大切。けれど、人の視線から離れて服を着る日があってもいい。心地よくて自分らしくいられる。そんなふうに服を着れた日の女性は、魅力的に見えると僕は思っている。

現代の女性の毎日は、テクノロジーの進化で便利になったり新しい面白さが生まれた一方で、せかされ、せわしくなり、慌ただしくもなった。からだとこころへの負担は、ますます増えていく。こんな世界で、いつも豊かな気持ちでいることは、なかなか難しくないだろうか。

小説を読む、ドラマを観る、ご飯を美味しく食べる。毎日繰り返すありふれたことを、大切に続けていきたい。大切にしたいのは、特別な一日より繰り返されるありふれた毎日。背伸びをする必要はなくて、無理に自分を飾る必要もないし、友人とカフェでお茶をするようにありのままで。誰かになることではなく、自分でいることの楽しさと心地よさ。もう、誰かに何かに、自分を投影する必要はない。あなたが、あなたらしくいられるように。

そんな心地よさを体感してもらえる服を、僕は作っていきたい。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です