心を救うアン・ドゥムルメステールの服

AFFECTUS No.26

カール・ラガーフェルドは彼女のことを「クイーン・アン」と呼んだ。その彼女とは、アン・ドゥムルメステール。2013年、伝説のアントワープ6のメンバーでもあるアンは、自身が創立したシグネチャーブランドのデザイナー辞任を発表し、彼女はファッション界から去ってしまった。突然だった。前触れもなく。けれど、その颯爽とした去り方もアンらしい。

彼女の服は常に黒。黒を使用しないシーズンはなかったのではないか。そう思えるほど、黒=アン・ドゥムルメステールというイメージがとても強い。彼女が使う黒には、他を寄せ付けないとか、他を圧倒するとか、そういう類の強さを感じさせるものではなく、どこまでも繊細で、その繊細さ故に惹かれてしまう、そういう魅力を秘めていた。

素材感にも優しさが滲んでいる。アンの服には時間の経過を感じさせる。それは、人が何年も大切に着てきたような空気だ。温もりと暖かさを感じる素材なんだ、アンの使う素材は。服のシルエットもそうだ。黒という色の印象とは違い、ほどよいボリュームを含んでいて、服は身体に付かず離れずの距離感を保って、布は着る人の身体を優しくなぞっていくようなシルエットを描く。その様が、とても美しい。

アンの作る服は、どこまでも人間に優しい。僕は一時彼女の服を熱心に見ていた。表参道ヒルズのショップには何度も足を運んだ。結局買わず、ただ見るだけの客なので、ショップからしたらいい客ではなかった。でも、アンの服を見るには、たとえ同じデザインの服が他のショップで見れたとしても、アンの服はあの表参道ヒルズのショップで見たかった。あの空間で見ること。それが僕にとっては大切だった。

なぜ、あのとき、彼女の服にあんなにも惹かれたのだろう。もちろん、デザインが好きで、それを見たいという気持ちがあったのは確かだ。パターンや縫製も見て、自身の勉強のためもあった。

だけど、今思うと、それらだけでは理由としては、何か物足りないように感じる。なぜ、アンの服に惹かれてしまったのか。やっぱりそれは、結局のところ、彼女の服には優しさがこれでもかというぐらいに、溢れているからだ。あの優しさを感じたくて、僕は彼女の服を見たくなっていた。大げさな言い方すれば、心が救われるような優しさだ。染み込むような感覚を感じさせてくれる。彼女の服は着れなくてもいい(僕には似合わない)。ただその場にあるだけで、心を救ってくれる優しさに満ちた服だ。それは服というより、小説を読んだ後に通じる感覚を僕にもたらした。小説のように、心へ深く届いてくる。それが、アンの作る服だった。

ブランドの魅力とはなんだろう。デザイン?パターン?素材?僕はそのどれも答えではないと思っている。ブランドの魅力は、その世界観。その世界観へ浸ること。その心地よさがブランドの魅力だと僕は思っている。いわば服は、そのブランドの世界観への橋渡し役。アンの服を見ると、ファッションデザインの歴史において何か革新的なことをやったのかというと、そんなことはないと僕は感じる。それは、アンのクラスメートであったマルタン・マルジェラの服と比べると、より強く感じる。

アンは服そのものに革新性をもたらしたわけではない。彼女は何も特別なことはしていない。ただひたすらに、自分の好きな世界を描いてきただけだ。パティ・スミスに憧れ、ダークでロマンティック、繊細で詩的な世界を描いてきただけだ。服は彼女にとってその世界を描く筆と絵の具だったように思う。アンが作っていたのは服ではなく世界。ファッション界はそのためのキャンバス。

自分の好きを突き詰める。これがファッションデザインにおいて重要なのだが、アンはその見本ともいえるぐらいに、自分の世界を突き詰め続けてきた。トレンドが彼女のデザインにフィットしない時代であろうと、彼女は自分の世界をひたすらに貫いてきた。そう、アン・ドゥムルメステールはカッコいい。

僕は音楽に対する造詣は浅くて、洋楽を聴くことはほぼない。だから、パティ・スミスの名前は知っていてもどんな曲を歌っているのか、全く知らなかった。けれど、ある日YouTubeでパティ・スミスが歌う姿を見た。カッコいい。その言葉しか浮かばなかった。とにかくカッコいい。そしてすぐにアン・ドゥムルメステールという名前が浮かんだ。ああ、アンの服はパティ・スミスのために作られた服だったんだ。そう思えるほど、歌うパティ・スミスの姿はアン・ドゥムルメステールの世界そのものだった。アンは、パティ・スミスに憧れ、この世界を描くために服を作ってきたのか。自分の好きな世界をここまで濃厚に深く、20年以上に渡って探求してきたアンは本当にカッコいい。

アカデミーを卒業したアンは、すぐに家を買った。23歳のころだ。ル・コルビュジエが設計した家だった。お金はなかったけど、どうしてもコルビュジエの家が欲しくて手に入れた。そのために、アンは必死に働いた。その家に住んだ心地よさを、アンは『high fashion』2006年8月号で、こう述べている。

「あの家から、今まで私はどれだけインスピレーションをもらったことか。ファンタスティックで、まるで詩の中に住んでいるようなのよ」

そして、そのインタビューでアンはこうも述べている。僕はその言葉を改めて読んでみて、自分を信じたくなった。たとえこの先、どんな苦境に喘いだとしても、その先までたどり着ける。そう思えるほどに。

「本当に欲しいものは手に入る」

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です