風が具現化したサポート・サーフェス

AFFECTUS No.27

とても心地のいいショーを見せてくれるブランドがある。そのブランドのショーには派手な演出や舞台はない。生演奏で聴こえてくる音楽は、とてもシンプルなメロディで空間を澄んだ空気で満たす。その生演奏をバックに、服を着たモデルたちが淡々と歩く。

特別さも過剰さもなく、あるのは心地よさという格別な感覚。「凜としている」という表現は、あのショー空間の心地よさを言うのだと思う。

そのブランドの名前は、1999年に研壁(すりかべ)宣男がスタートさせたサポート・サーフェス。布の量感を大切にしたシンプルでリアルかつドレープ性あるデザインは、大人の女性を美しく見せる。美しく見せるだけではない。その服は女性の持つ可愛らしさも引き出す。そこはかとなくフェミニンな香りがあるのだ。

ジャケット、シャツ、コート、パンツ、ニット。すべてのアイテムに、布が身体に付かず離れずの程よい距離感があり、その様が静かで美しい。強烈な主張の服ではない。すれ違ってから、惹かれる何かを感じて思わず振り返る。そんな様相を呈した服だ。

たとえばコート。コートといえば重厚な雰囲気を感じるのが普通。けれど、サポート・サーフェスのコートには、コートらしいかっちりさを感じると同時に軽やかさが漂う。布と身体の間に空間が作られ、女性の身体の上でゆらめく布が身体を優しく丸く包み込む。その姿からは、見ているこちらまで服を着ている女性の心地よさが伝わってくるかのようだ。

布は身体から離れるだけでない。袖やウェスト、バストなどフォルムのどこかにスリムさを感じさせるラインが混じっている。女性だけが持つ、女性特有の美しいボディラインも布は優しくなぞっていく。その布のゆらめきとスリムなラインが、緊張感とリラックス感という異なる要素を混在させ、コートの印象を強くも優しくもする。

僕が印象に残っているアイテムはパンツだ。タックが入って腰周りに膨らみを持たせ、股上は深めで裾に向かって絞られていく。いわゆるテーパードなラインを描く。ここでも、服に緊張感とリラックス感は混在している。パンツ丈は短く、くるぶしをのぞかせる。毎シーズン展開されている定番のアイテム。ショーでもこのパンツは度々発表されていて、このパンツを穿く女性モデルの姿には、優美さが漂う。歩くたびにパンツの布が揺れ、ヒダやカゲを生む。シルエットにゆとりはありながらもルーズさとは無縁な、まさに大人の女性のための知的さ漂うパンツだ。

僕が個人的に思う、ヨーロッパのエレガンスに真正面から勝負できる日本人デザイナーは三人。その三人とは、山本耀司と渡辺淳弥、そして研壁宣男である。ただ、前者二人と研壁宣男では、エレガンスのタイプが異なる。山本耀司と渡辺淳弥の持つエレガンスは、1950年代のパリオートクチュール黄金期に端を発する王道エレガンスで、とてもクラシックだ。一方、研壁宣男のエレガンスは都会的で、モダンな匂いが強い。そのモダンなエレガンスで充足された服が、サポート・サーフェスだと言える。

2017SSのショーを会場で見ているうちに、ある言葉が僕の頭をよぎった。

「風が服になったみたいだ」

風が服になり、その服をモデルが身にまとっている。もし風に色がついたなら、こんな色なんじゃないか。そんなふうに僕には思えた。そしてそれは服だけにとどまらず、ショーで流れる音楽にも言える。水や空気、そういった僕たちがふだん感じる自然を、音楽として演奏したらきっとこんな音になる。僕はそう思えた。

現代は、急がされ忙しく慌ただしい。いつからこんなふうになったのか。もうすぐ年末年始を迎える。僕は子供のころに感じられた正月三が日の特別な空気が、とても好きだった。街は静かなで、人の気配は感じられず、でも冬の冷たい空気が新鮮さを新年とともに運んできたような、あの特別な空気には格別の心地よさがあった。

サポート・サーフェスのショーは見ていると、そのあまりの心地よさが眠気を誘う。ショーを見ながら、うとうとと眠くなってしまう。そんな気持ちいい空気がこのブランドのショーには満ちている。だから、僕はまたサポート・サーフェスのショーが見たくて、足を運んでしまう。風が色をまとって、人間のために形となって現れた服。そんな服の醸し出す空気を、何度も感じたくて。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です