語るべき時に語りたいマルタン・マルジェラ

AFFECTUS No.36

ここにきて、マルタン・マルジェラ熱が僕の中で再び高まっている。それはアントワープのMoMuで開催中のマルジェラが手がけたエルメス時代の服を網羅した回顧展や、2017年末に公開予定のマルタン・マルジェラのドキュメンタリー映画『We Margiela』と同名の書籍の販売決定、来年2018年3月にはパリのガリエラ宮・モード&コスチューム博物館で大回顧展が開催されるといったマルジェラ関連の激しい動きに、大きい影響を受けているのは間違いない。

なぜ今、これほどにマルタン・マルジェラがフォーカスされるのか。現在世界中で旋風を巻き起こしているヴェトモンの影響はあるだろう。だが、それ以上に来年2018年でブランド設立30年という節目が関係しているのではないだろうか。『メゾン・マルタン・マルジェラ』が、そのブランドの歴史をスタートさせたのは1988年になる(スタートシーズンは1989SSから)。

マルタン・マルジェラという名前を目にする機会が以前にも増して増え、そのことが自分の中でマルタン・マルジェラの服の魅力について、また語りたいという強い感情へと繋がってきている。以前、『マルタン・マルジェラとエルメス』でマルジェラのデザインについて自分なりの解釈を書いた。これで自分の中でマルジェラのデザインについて語りつくしたという気持ちがあり、これ以上は何も言うことがないのが正直なところだった。

ただ、まだまだマルジェラについては語ることのできる魅力があるように思えた。僕自身が感じるマルタン・マルジェラの魅力が、もっとたくさんあるはずだと。今だからこそマルジェラから感じる何かが、あるんじゃないか。そう思えてきた。今回は、タイトルは大げさだけど実際のところ、マルジェラについてもう自分の好きなようにただただ語るという極めて個人的な欲求の充足を目指した、それだけが目的のテキストになる。

前置きが長くなった。今回は1着のジャケットに焦点を当て、書いてみたい。以後はブランドというより、マルタン・マルジェラという個人へフォーカスするという意味も込めて、「マルタン」と表記する。

僕にとって一番好きなマルタンのコレクションは、デビューシーズンの1989SSだ。しかし、僕はデビューシーズンの全ルックを見たことはない。いかんせん、資料が断片的にしかないのだ。フルのショー映像を目にした機会もない。世界のどこかにフルのショー映像はあるのかもしれないが、僕は未だそこにたどり着けていない。

それでも、数少ない写真から見られるデビューコレクションのデザインに、僕は興味を惹かれる。強烈なインパクトがあるわけではない。思った以上にシンプルな服。けれど、ただのシンプルな服からは感じられない、冷静な狂気とも言える何か違和感を感じる。

その違和感を僕が最も強く感じるマルタンのデザイン、それは代表作といっても過言ではない袖山が異様に盛り上がった2つ釦のジャケットだ。このジャケットが異様な魅力に満ちている。僕はこのジャケットの実物を見たことがないため、僕がこれから述べることは本来の形状とは異なる点があるかもしれない。そこはどうかご容赦願いたい。写真で見る限り、僕が感じたことを可能な限り、余すことなく語ってみる試みになる。

このジャケット、最初に写真で見たときは特異な袖山が目につくとはいえ、ベーシックなジャケットの形をなぞっているように感じられた。ジャケットの形そのものは、コム・デ・ギャルソンのような複雑でダイナミックなフォルムではない。けれど、このジャケットを凝視していくと、その明らかなおかしさに気づき始める。崩れたバランスが内包しているのだ。まず引っ掛かりを感じたのは上衿とラペルの大きさのバランス。僕はこのジャケットを初めて見たとき、ピークドラペルに見えた。しかし、よく見るとピークドラペルとノッチドラペル、その両方の特徴を含んだラペルが、このジャケットの一端を担っている。

上衿の衿周りのラインは通常のノッチドラペルのように、曲線がなだらかに入ってはいるものの、その形状は端正で直線的。それに対してラペルは、上衿のサイズに対してアンバランスに大きく、しかもラペルの衿先が丸みを帯び、そこから第一釦に向かってやや強いカーブを描く。調和をとって綺麗にする。そんなファッションデザインの原則を否定する異様さがある。ノッチドラペルでもピークドラベルでもない。見ようによっては、誇張されたフィッシュマウスラペルといえなくもない。明確にカテゴライズのできないラペルデザインだ。

そしてその異様さに一役買っているのが、低いゴージライン。ゴージが低いと重心が低く感じられ、僕は野暮ったさを感じてしまう。このゴージの低さを見るだけで、マルタンが通常人々が抱くカッコよさとは異なる価値観で、服を作っているように僕は思える。

違和感はまだある。それを最も強く感じるのは、切替線とダーツだ。特にダーツは、通常のジャケットならまずお目にかかれない場所に作られている。その特徴が顕著に現れているのが袖になる。写真を見る限り、おそらくはこの袖は内袖と外袖で構成された2枚袖。まず驚いたのが、内袖の肘付近で横向きに切替線が入っていること。通常ならそこに切替線は入れない。

そして同じく、肘の内側から外側に向かって一本のダーツが横向きに入っている。この肘にある切替線とダーツは、袖が前に触れるよう角度をつけるためだと思われる。ただ、それなら2枚袖のパターンで十分実現可能。わざわざ、肘にダーツと切替線を入れる意味はないし、その二つが入ったことで雑多な印象が生まれ、調和のとれた美しさはどこかへ飛んでしまった。それにダーツで袖の振りに角度をつけること自体、服作りの初歩で学ぶ極めて基本的なスキルになる。それゆえ、このダーツに僕は、洗練さとは程遠い野暮ったさを再び感じる。

袖にはもう1本ダーツがある。前身頃側の袖山線から上腕に向かってダーツが入っている。このダーツは袖の上腕部分に膨らみがもたらす役割があると考えられる。このダーツと袖山の盛り上がりがセットになることで肩がより強く強調され、その様は男性的でもある。

切替線といえば、後ろ身頃のラインも特徴的だ。

このジャケットは写真を見る限り、前身頃・前細腹・後ろ細腹・後ろ身頃の4面構成に見える。そして、後ろ細腹の切替線は後ろ中心側へ寄っていて、自然、カーブも強くなっている。女性のウェストを連想させるシェイプの強さだ。バックスタイルをよく見ると、袖にはもう1本ダーツが入っていることに気がつく。後ろ細腹の切替線が後ろ身頃のアームホールへ到達し、さらに切替線が延長し、そのラインは袖にまで侵食してダーツへと変化したような錯覚を起こす。前身頃と同様に、後ろ身頃の袖山線から上腕部分に向かってダーツが入っているのだ。マルタンはとことん肩の周辺を強調する。

袖口にも微妙な不思議さが漂う。袖口には5つの釦が等間隔で、その間隔が広めに縫いつけられている。通常のジャケットの袖口には、このような距離感のバランスと個数で釦を取り付けることはない。基本的に袖口の釦の数は4つが多い。ジャケットの袖口の釦は、少し重なり合うように縫い付けることが多い。ここでもマルタンは原則を外す。デビューコレクションに登場した、このアイコン的ジャケットは言ってみれば複眼的だ。1着のジャケットなのに、ノッチドラペルやピークドラペルにも感じられ、はたまたフィッシュマウスラペルの匂いも漂い、男性的でもあり女性的でもあり、大胆なダーツ使いをするかと思えば、ごくごく基本的なダーツの入れ方もして、服作りの基本も感じさせる。

僕が思うに、1着の中に閉じ込められたこの複眼的視点の積み重ねこそが、ジャケットの違和感の正体になる。このジャケットを改めて見ることで気づかされた、この「複眼的視点」はデビューコレクション以降も散見する。1998SSにマルタンはコム・デ・ギャルソンと共同でコレクションを発表する。そこでマルタンが発表したのは「フラット」という概念を取り入れた服だった。その服は人が着ていない時、全くの平面になるよう作られている。

ここまで書いていくと、僕の脳裏に1枚の絵画が浮かんできた。それはポール・セザンヌが描いた『リンゴとオレンジ』だ。複数の視点から見た果物が描かれた不思議な構図の静物画である。マルタンは、あらゆる角度から見た服の複数の様相を、まるで『リンゴとオレンジ』のように1着の服へ閉じ込めていく。マニアックなほどに。

マルタンのデザインに、ファッションという言葉を使うことを僕はためらってしまう。ましてや、アートという言葉も似つかわしくない。その思いは、ファッションデザイナーたちのインタビュー集『ビジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学』に掲載されたマルタンのインタビューを読むと強くなる。例によって「我々」と答えているが。

「ファッションは芸術だと思いますか?それとも、技巧だと思いますか?」
「ファッションは技巧であり、技術的ノウハウであり、我々の見解では、芸術ではありません。双方の世界はクリエイティビティを通して表現するという点では共通していますが、それぞれの媒体プロセスはまったくの別物です」『ビジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学』より

僕は『メゾン・マルタン・マルジェラ』のブランドコンセプトは「服作り」だと思えてきた。ファッションデザインの概念をひっくり返そうとか、ファッションをアートにしようとか、そんなことは彼にとってはどうでもよくて、あるのは服作りの新しく面白い視点をあぶり出し形にしようとする徹底的な探究心。マルタンは、服を作ることが大好きなんだ。きっとそうだ。僕はそう思えた。

先述の1998SSで「フラット」の概念を取り入れてデザインした服の解説に、3種類の言語が用いられた。フランス語・英語・日本語の3種類である。ある1着を解説する日本語には、このように書かれていた。

「『移動したネックライン』のガーメント」

服作りが本当に好きだからこそ、出てくる言葉だ。

ただ単に、マルタンは「服」を作っていただけ。自分の美意識に基づいた服を。しかし、その美意識が変わっていた。人が美しいと思うものに美しさを感じず、人が美しくないと思うものに美しさを感じる。服作りをこよなく愛する、変わった美意識を持った人間。それがマルタン・マルジェラという人間だった。マルタンのデザインを見ることをより楽しむには、自ら服を作ってみることがオススメだ。それも1着だけでなく、何着も作ってみる。アイテムも様々なアイテムを。すると、マルタンの服を見るとこんな言葉が、自然と口をついて出てくる。

「ああ、もうほんと、マルタン、あなたって人は変態だ」

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です