底知れない才能を持つ高橋盾

AFFECTUS No.37

世界には様々なデザイナーがいる。そのデザイナーが作り出した服を見て、感じる感情は様々だ。あるデザイナーには美しさを感じるかもしれないし、あるデザイナーには凄みを感じるかもしれない。はたまた、あるデザイナーからはユーモアを感じることもあるだろう。けれど、怖さを感じるデザイナーはどれだけいるだろう。

僕にはその感情を抱いたデザイナーが一人だけいる。後にも先にも、恐怖という感情を抱いたデザイナーは、その人間ただ一人だ。それはアンダーカバーのデザイナー、高橋盾である。

元々、僕はアンダーカバーにたいして興味がなかった。僕がファッションを本格的に好きになり、モードに夢中になり始めたかなり初期の段階で、アンダーカバーの存在は知った。けれど、ヘルムート・ラングやジル・サンダーに魅せられていた僕が、「裏原」と表され、ストリートのエッセンスとアヴァンギャルドな空気が充満したアンダーカバーのデザインを見ても感じるものは何もないのが、正直なところだった。僕がアンダーカバーを知ったころはまだ東京でショーを開催していて、興味がなかったとはいっても、アンダーカバーに熱狂する人々は多く、その秘密はなんなのだろうと気になり、毎シーズンそのショーはファッション誌で見ていた。しかし、何度見ても僕の心が動かされることはなかったし、その秘密がわかることもなかった。

それはアンダーカバーがパリに発表の場を移しても、変わらない。パリでのデビューとなった“SCAB(かさぶた)”とタイトルされた2003SSコレクションは、東京時代よりも美しさが増したように見えたが、それでも僕の心へ強烈に響くことはなかった。これは相性の問題で、アンダーカバーの感覚は僕の感覚にマッチしないのだろう。その後も、パリで発表されたコレクションを継続して見ていたが、やはりその感覚に変わりはなかった。

しかし、その感情が自分でも信じられないぐらい一変する瞬間が訪れる。あるコレクションを見て、高橋盾という人間の才能の奥深さを知り、その瞬間僕は怖くなった。

その「あるコレクション」とは、2007SSシーズンのコレクションだ。タイトルは“PURPLE”。このコレクションを見て、その初見で僕は魅入り、そして高橋盾という人間に恐怖を抱いた。このコレクションはアンダーカバーのファンにとって踏み絵となるのではないか。そう思えるほど、従来のコレクションとは一線を画している。

ストリート&アヴァンギャルドからエレガンス&セクシーへ。それまでの複雑なレイヤードされた造形は消えて、女性の身体を極めてシンプルにナチュラルに覆う造形。ブラウスやカーディガン、コート、ワイドパンツにミニスカート、ショートパンツなど、現代女性に欠かせないアイテムをベースに、アヴァンギャルドな要素は加えずに美しくリアルにスタイルは作られていく。そこにコンパクトなフォルムのミニドレスや、伝統的Aラインのミニドレスが挟み込まれる。素材には薄手の素材が多用され、女性の肌を透けさせ、色気が香り刺激を受ける。単純に肌を晒すスタイルも多く、ストレートにも色気は訴えられる。黒やベージュ、グレーといったシックでベーシックな色をベースに、パープルやイエロー、ローズといった明るい色が混じるのだが、そのどれもが曇りがかった色味で、単純に「キレイ・カワイイ」とは言えない複雑さを秘めている。その複雑さはフィナーレで拡張する。禍々しさを帯びたドレスとアウター。ないと思われたアヴァンギャルドが、ダークさを香って覗く。

僕はこのコレクションを初めて見たとき、ブランド名を見ていなくて、その素晴らしさにあまりに驚き、ただただ感嘆することしかできなく、いったいどこのブランドなんだ、新しいブランドが出てきたと高揚していた。そして、このニューブランドがアンダーカバーだと知り驚く。その瞬間、すぐにある言葉が浮かんできた。それは「ダークなクロエ」という言葉だった。クロエのように女性のフェミニンに光を当て、その魅力を最大限に引き出そうとする繊細で可憐な服である一方で、クロエにはない女性の「影」にもフォーカスした毒々しさを感じ、それも女性が持つ魅力だと訴えてくるようだった。クロエのようなスタイルにこのようなダークさを持ち込んだデザインは、それまで目にしたことがなく(あくまで僕の知る範囲になるが)、新鮮さと衝撃をもたらしたニューデザインだった。

僕はこのコレクションを見て、高橋盾が「パリの本流」へ挑戦状を叩きつけたと思った。しかもそれを、アヴァンギャルドという変化球ではなく、彼らが得意とするエレンガンス&セクシーというレールに乗った直球で勝負を挑んでいる。そう思え、その度胸に驚く。

結局のところ、パリで最も重視されている価値観は「エレガンス」ではないかと思う。1950年代のパリ・オートクチュール黄金期に端を発するエレガンスだ。そのエレガンスに対して、デザイナーたちが自分の解釈を発表してきた連続が、パリの、いやファッションデザインの歴史と言える。だから、デザイナーは1950年代前後のクリスチャン・ディオールやココ・シャネル、クリストバル・バレンシアガ、イヴ・サンローラン、ユベール・ド・ジバンシィ、エルザ・スキャパレリといった伝説的クチュリエの作品が、写真でもかまわないので(実物を見れれば一番だが)どのようなものであったか目に焼き付けておく必要がある。

そして、その時代以降、どのようなファッションデザインが「時代に呼応して」展開されていったか、それも知っておくとファッションデザインを「見ること」がより楽しめるし、面白くなる。だから、感覚的に楽しめるファッションなのだが、より一層楽しもうと思うとある一定の勉強が必要になる。その勉強が、僕自身まだまだ足りていないので、けれど逆に言えばもっとファッションを楽しめる余地があるということにもなり、そのことにどうしたってワクワクする。

話がずれた。元に戻ろう。

そのファッションデザインの歴史に大きな役割を果たしてきたのが、日本人デザイナーだ。西洋のデザイナーとは異なる価値観のエレガンスを提案し、その歴史のページを次に進めてきた。高田賢三や三宅一生がそうだ。その代表とも言えるブランドがコム・デ・ギャルソンといえる。アヴァンギャルドの代名詞とも言える存在で、アヴストラクトな造形は強烈なインパクトを残し、新しいエレガンスを提案してきた。ただ、そのデザインは確かに素晴らしいが、あくまで本流のエレガンスではなく別軸での提案と言える。そして、その本流のエレガンスのレールに乗り、パリへ真っ向から挑戦状を叩きつけた人間がいる。山本耀司である。

「お前らのエレガンス、お前らだけのものじゃねえぞ」

そんな言葉が聞こえてきそうなコレクションを、攻撃的に野心的に発表していく。

山本耀司も当初はコム・デ・ギャルソンと共にアヴァンギャルドなスタイルで、新しいエレガンスを提案していた。しかし、コム・デ・ギャルソンがその路線を継続していったのに対し、山本耀司はスタイルを変えていく。パリ・オートクチュール黄金期の香りを漂わす、クラシックなエレガンスへと。その頂点を極めたコレクションと言えるのが、オートクチュールコレクション発表期間中にプレタポルテを発表した(本当挑戦的)、2003SSコレクションである。王道本流のエレガンスに、真正面から喧嘩を売った度胸と覚悟に感服する。僕はこのクチュール黄金期を源流とし、女性の魅力を控えめに美しく、または豪華さをもって華麗に表現したエレガンスを「クラシック」と自分の中で表している。そのクラシックの路線をなぞりながら、山本耀司にはないアヴァンギャルドな視点を取り入れて、ニュークラシックを作り出したのが「天才」渡辺淳弥である。

しかし、パリの本流エレガンスは、クラシックだけではない。女性を控えめな、あるいは豪華さでまとわせる美しさだけではない。女性を活動的に若々しく軽快に見せるエレガンスがある。クロエがその代表と言えるだろうし、そのタイプのエレガンスの系譜と言える歴史を遡れば、パコ・ラバンヌやクレージュがそうと言える。そして、そのエレガンスの原点と言えるのは、ココ・シャネルだ。彼女はジャージー素材を使ったり、ストレートでナチュラルなシルエットのドレスをデザインするなど、女性が活動的で軽快に生き生きと暮らせる、女性を本当の意味で自由にしたデザインを提案してきた。そんなココ・シャネルだからこそ、女性を前時代に戻すようなクリスチャン・ディオールのニュールックに怒りを露わにしたのだろう。

僕は、ココ・シャネルが作った女性を活動的に生き生きと魅せる、軽快さと美しさを兼ね備えたエレガンスを「モダン」と呼んでいる。「クラシック」も「モダン」も、その解釈は時代やデザインによって広義になることはご了承いただきたい。日本人デザイナーで、山本耀司と渡辺淳弥が本流エレガンスというレールの中で、さらにクラシックのレールで勝負を挑んできた。しかし、モダンのレールでパリで挑戦をしてきた日本人デザイナーはいなかった。(熊谷登喜夫はモダンのレールで挑戦してきたと言えるけど、パリでは靴のイメージが強いために、服に焦点を当てた今回は外したい)

モダンエレガンスのレールに初めて挑戦し、そしてそれまでのモダンエレガンスにはないダークな毒々しさで新しい視点のデザインを提案することで、ファッションデザインの歴史を次のページに押し進めたとも言える日本人デザイナーが、高橋盾だった。アンダーカバーの2007SSコレクションは、それほどの価値がある。まさにエポックメイキングと言えるコレクション。正直、それまでのコレクションを見る限り、生意気なことを言うが、僕は高橋盾にモダンエレガンスを作る才能があるとは思わなかった。いや、想像すらもできなかった。しかし、彼はやってのけた。しかも見事に完璧なレベルで。僕はそのことに恐怖する。ここまで振り幅の大きさを感じさせるなんて恐怖以外の何物でもなく、才能の底が見えない感覚に襲われ、僕は高橋盾という人間が怖くなった。

2007SS以降、僕はアンダーカバーのコレクションをそれまで以上に注目することになる。その振り幅の大きさゆえなのか、いつもそのコレクションが心に響くわけではなく、流し見してしまうことも多々ある。それがここのところずっと続いてたのだが、久々に会心と言える「モダンエレガンス」のコレクションを2017AWで発表してくれた。久しぶりにアンダーカバーのコレクションで、僕は痺れてしまう。2007年から10年の時を経て生まれたニューコレクションにはこれまでと異なる新しさが生まれ、アンダーカバーは進化を証明した。モダンエレガンスの系譜をたどりながらも、以前よりもダークな毒々しさは一層強くなり、持ち味であるアヴァンギャルドさも濃厚に混じり始め、それでいて、クラシックエレガンスの表現も垣間見える。レイヤードを造形ではなく概念で表現している多重多角的に攻めたデザイン。いやはや、恐れ入る。本当、才能の底が見えない。

川久保玲の後継者問題がコム・デ・ギャルソンにはある。以前、僕はジョナサン・アンダーソンにギャルソンのデザインをして欲しいと言ったことがある。彼なら、現代の感覚をふんだんに取り入れたコム・デ・ギャルソンを作ってくれそうな予感があるからだ。そしてもう一人、コム・デ・ギャルソンのデザインをして欲しいと思うデザイナーがいる。それが高橋盾だ。底知れない才能を持つ高橋盾なら、21世紀のコム・デ・ギャルソンを作ることも不可能ではない。きっとできるはずだ。僕はぜひとも、高橋盾が作るコム・デ・ギャルソンが見てみたい。訪れることのない現実ではあろうが、その現実を今は夢見ていたい。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です