着物をキモノにするケンタ マツシゲ

AFFECTUS No.38

着物をコンセプトにすると、デザインが平面的な服に傾きがちである。それが良い悪いという話ではなくて、傾向としての話になる。もちろん平面的な服でもいいのだが、違う方向性のデザインの服が見たくなるのも性分。着物をコンセプトに取り入れ新しいデザインを見せてくれているのが、ケンタ マツシゲだ。

ケンタ マツシゲは着物がコンセプトの中核というわけではない。シーズンのテーマに日本文化からインスピレーションを受けて制作するスタイルが、デビュー当初から続いている。そのコンセプトの中に着物の要素が含有していると僕は感じる。

僕なりに服として着物の魅力を一言で表すと、ドレープ性になる。平面の着物地=布を身体に合わせて立体化するのではなくて、最小限の穴と切替でもって仕上げられた服。その製法によってできた着物は、人間の身体を個性として捉えているのではなくて、人間の動作を個性と捉えているように思える。人が動くたびにゆれる布。その布のゆらめき=ドレープ性が、人の個性を表している。体型が人それぞれ異なるように、似たような動作であっても、その動作にはその人特有の癖が混じり、各々それぞれ異なる。それが人間の個性を作り出す一つになる。

「あの人の、あの仕草が好き」

そう思ったことはないだろうか。人の動作というのは、人の心に響く魅力となる。その動作の魅力を引き出す服が、僕にとっての着物だ。

翻って洋服は、身体そのものを魅力と捉えている。ダーツや切替を駆使し、平面の布をできるだけ身体の凹凸に沿わせて立体化していく。そうして出来上がったのが洋服となる。洋服はある意味残酷だ。むき出しに人間の個性=身体を露わにするから。持って生まれた資質(体型)によって、魅力が左右される要素が洋服には大きい。

そういう意味で身体そのものによって左右される要素が少なく、人間の身体の動作を個性として立ち上げる着物は、人間の魅力を多面的に見せてくれるとても面白い存在だ。ケンタ マツシゲはその着物の要素に、立体感を抑制しながらバランスよく盛り込み、その造形をベーシックウェアの香りが香る服の上に展開していき、平面の要素が支配する「着物」から、立体感が滲む平面的衣服「キモノ」という新しい服へとデザインした。

ケンタ マツシゲの服を見ていると、クリストバル・バレンシアガの服が浮かんでくる。布をふんだんに使い、大胆かつ迫力ある造形を生み出した、クラシックなエレガンス香るクリストバル・バレンシアガ。ケンタ マツシゲはその系譜をなぞりながらも、クラシックなエレガンスではなく、クリストバルとは異なるモダンなエレガンスへ着地させている。クリストバルのようなアプローチで作られたジル・サンダーとでも言えばいいだろうか。そこには、イッセイミヤケの「一枚の布」を現代化した趣さえ感じる。ケンタ マツシゲのデザインには、そのようなファッションデザインの様々な系譜をなぞえられながら完成した面白さが潜んでいるのだ。

着物に着想源を得ながら、そのデザインが「和」に振れず、ミニマムなファッションデザインの文脈にのっている服。このデザイン、僕が今まで見てきた範囲にはなってしまうが、ありそうでなかった。このクリーンな空気漂わす和ベースの服が、とても心地よく心に響く。

デビュー当初は、シンプルな服にもかかわらずコンセプチュアルウェアの印象を受けるほど、コンセプトの押し出しが強かったように思う。しかし、それもシーズンを重ねるごとに角が取れて丸みを帯びるように、現代女性のワードローブにかかせないアイテムをベースに展開することでコンセプトがうまく消化されるようになり、ウェアラブルなデザインへと変貌してきた。そのデザインスキルの向上を観賞できることも、ケンタ マツシゲの魅力になっている。

もう一つ僕が大切に思うことがある。服を作ることは、人間を作ること。僕はそう思っている。デザイナーがどのような人間を魅力的に思っているのか。デザイナーの人間観をも露わにするのが、ファッションデザインだ。その人間観が、ビジュアルをもって立ち上がるため、如実に見えてくる。僕には、ケンタ マツシゲの作る女性像がとても魅力的なのだ。

ヒールをカッカッと鳴らし、前方から歩いてきたことがすぐわかるその存在と香水の匂い。そういう女性像ではなく、自然に軽やかに道を歩き、すれ違ったあとにかすかに香ってくる香水の香り。その香りが鼻を刺激する強さという類の香りではなく、心を穏やかに安らかに和ませる香りを好む女性。そんな女性像がイメージされ、その厳かで控えめで美しい佇まいに惹かれる。SNSの勢いがとどまることを知らない現代では、尚更その静けさに僕は魅入る。

自らの存在をSNSを通じてアピールすることは、今の時代、何ら責められることではない。人が日々食事をするのが当たり前のように、その行為自体咎めることは今はナンセンスに思える。けれど、「自分の好きな服」を着て人と会い、自らを知ってもらうことは、波及力は小さくてもあなた自身を正しく美しく見せてくれる。ありのままの美しさ。それは生身の人間に備わった美しさ。消すことも惑わすこともできない。そこには怖さもあるだろう。けれど、ありのままでいることを必要以上に恐れることもない。

ケンタ マツシゲには「香り」という言葉がよく似合う。服そのものというより、服の佇まいで魅了する服。魅力は手に触れられず目にすることのできないものに、潜んでいることがある。あなた自身も知らない、あなたの魅力をビジュアル化する。その魅力にあなたはずっと気づかないしれない。けれど、その魅力に気づく人がいるかもしれない。ケンタ マツシゲの服なら、きっとそんな体験をプレゼントしてくれる。服を着ることを楽しもう。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です