ヴェトモン再考

AFFECTUS No.40

話題に事欠かないブランドだ。ヴェトモンのことである。先日、デムナ・ヴァザリアは今後ヴェトモンのコレクションを、ショー形式では開催しないことを発表した。数ヶ月に一度、何かしら新しいニュースをヴェトモンは提供する。

バレンシアガのアーティスティック・ディレクター就任、オートクチュールシーズンへコレクション発表時期の移行、スイスのチューリッヒへ拠点を移す、そして今回のショー形式での発表中止など、肝心要のコレクション以外でも耳目を惹きつけるニュースが発表され、その度にブランドの認知度と注目度は高まっていく。

僕がファッションにのめり込んで20年が経った。これまで見てきたブランドの中でも、ヴェトモンは最も影響力を発揮したブランドになっている。これと並ぶような現象は、エディ・スリマンが手がけていたディオール・オムだろう。しかし、エディのディオール・オムよりもその影響力は大きい。今年の冬、街中を歩いていると高校生と思われる女の子たちが、ビッグシルエットのMA-1を着ている姿を多く目にした。ヴェトモンから派生したスタイルは性別を超え年齢を超え、直接的に間接的に、世界中の人々に受け入れられている。熱狂的とも言えるほど人気のあったエディのディオール・オムも、現在のヴェトモンの影響力には及ばない。ただ、ヴェトモンがここまで影響力を発揮したのはSNSの力も一因だろう。もし、エディのディオール・オム時代にSNSが現在のように人々の暮らしに浸透していたら、その影響力はもっと大きくなっていた可能性はある。

なぜ、ヴェトモンがこれほどまでの人気ブランドになったのか。ヴェトモンの何が、人々の心をこんなにも捉えたのか。そんなことを考えても、絶対的な正解が出るわけではないが、それでもヴェトモンがなぜここまでの熱狂をもって受け入れられていったのか、その理由について自分なりに改めて考えてみたい。「今」考えることに意味があるように思えるから。

僕はそのことを、ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンのシグネチャーラインと対比しながら考えていきたい。僕が思うにデムナ・ヴァザリアと比肩する若い才能は、アンダーソンをおいて他にない。デムナと近い世代の中でアンダーソンこそが、世界で唯一デムナと肩を並べる存在だろう。それほど、アンダーソンの才能は群を抜いている。しかし、その影響力においてはデムナとはかなり距離が開いている印象である。アンダーソンのジェンダーレスなスタイルも、世の中へ大きな影響力を及ぼしているのだが、デムナのストリートスタイルと比較すると大きな差があると言わざるをえない。

ヴェトモンとJ.W.アンダーソン(以下アンダーソン)、この二つのブランド、実は似たようなデザインの変遷を辿っている。両ブランドともデビューしてから、早い段階でデザインの方向性をシフトしている。もちろん、微妙な違いはある。デザインの方向性の振り幅はアンダーソンの方が大きいし、シフトする早さはヴェトモンの方が早い。そのような違いはあるが、両ブランドともコレクションをスタートさせながらブランドアイデンティティを確立していった印象だ。

初期のアンダーソンのコレクション、2011SSを見ると驚く。現在との大きな違いに。当時のコレクションは、毒々しい柄にアンダーソンの本質である「グロテスク好き」は感じられるが、服のデザインはデニムやシャツなどベーシックアイテムをベースに、現在の特徴である大胆なアヴストラクトな造形は見受けられず、極めてシンプルなフォルムだ。同じブランドとは思えないほどの違い。ベーシックなアイテムに毒々しさを盛ってスタイリング。そういうリアルさを含んでいる。

ヴェトモンの初期はどうだろう。デビューは2014AWになり、現在との違いが明らかに見て取れる。ストリート色がまったく感じられない。シグネチャーアイテムとなるジーンズはすでに登場しているが、マルタン・マルジェラのエッセンスが濃厚に漂うクラシック&エレガントなスタイルだ。モダナイズしたマルジェラとも言える。その傾向は、翌シーズンの2015SSでも継続する。シグネチャーアイテムのジーンズとフーディ、そして迷彩柄も登場し、カジュアルな空気が強まってはいるが、まだモダナイズしたマルジェラという印象だ。

アンダーソンは2011AWになると、毒々しい柄は消えてしまい、黒の色使いをメインにして全体にクリーンな雰囲気のコレクションに変わり始めた。以降のシーズン、グロテスクさがほのかに香るクリーンなミニマムスタイルが数シーズン続く。現在の特徴である「アヴストラクト」がディテールに登場し始め、それが全体のフォルムにまで及び始める。そして徐々に、アンダーソン特有のジェンダーレスな香りが現れる。

その香りが明確な意図を持って強烈に登場したのが、2013AWメンズだ。ベアトップのトップス、裾にフリルがついたショートパンツ、太ももが露わになるミニドレスなど、これを男性に着せてしまうのかと驚くほど、女性のためのウィメンズアイテムを男性にそのまま着せている。その異様なルックに、ただただ唖然とする。それほどの強烈なインパクトだ。翌シーズンの2014SSでは、ホルターネックのトップスや、腹部が見えるほど大胆にカットした着丈の短いトップスが登場するなど、ジェンダーレスな匂いが少しずつ、しかし確実に強まる。アンダーソンのウィメンズは、彼のもう一つの特徴、アヴストラクトな造形が大胆さを増す。2014SSウィメンズでは現在のスタイルに通じる造形が見て取れる。

そしてヴェトモンがデビューする2014AWのころには、アンダーソンのスタイルは完全に変貌を遂げている。まずウィメンズでは、アヴストラクトな造形がデザインの核となり、初期のベーシックアイテムをベースにしたリアルさは消えた。2014AWメンズでは、あからさまなウィメンズアイテムを男性が着たようなルックは見受けられないが、全体のシルエットに丸みが帯び始め、肌の見せ方も従来のメンズとは雰囲気が異なり、かなり女性的だ。

2014年から2015年になるころには、アンダーソンはそのデザインを初期のベーシックアイテムをベースにした「リアル」スタイルから、男性にあからさまな女性アイテムや、メンズウェアとは思えないフェミニンさ濃厚なデザインの服を着せたり、これは何のアイテムなのか、コートなのか、ジャケットなのか、これはどこでいつ着ていいのか、と見る者を戸惑わす大胆な造形を女性の身体にまとわせたり、服の具体像を喚起させない=抽象的なデザイン、つまりコレクション全体を「アブストラクト」へ完全にシフトさせている。

同時期、ヴェトモンもデザインをシフトさせる。ただし、アンダーソンとは違う方向性へ。それはリアルをさらに深めていくリアルスタイルだ。ストリートの登場である。

デビューから3シーズン目、2015AWでヴェトモンはモダナイズしたマルタン・マルジェラというクラシック&エレガントなスタイルから、マルジェラのデザインからビッグシルエットを抽出してストリートと融合させた、ブランドアイデンティティのスタイルを発表する。ヴェトモンが業界全体を覆うほどのビッグムーブメントとなるのは、バレンシアガのアーティスティック・ディレクター就任が発表された翌シーズンの2016SSになるのだが、そのブームのスタートはこの2015AWと言える。

デビューから2シーズン続いた、クラシック&エレガンスも十分リアルである。しかし、SNSが人々の暮らしに完璧に浸透し、遠くへの憧れよりも「私」が共感する価値観を大切にする時代にあって、クラシック&エレガンスは幾分リアルさからは遠い。それを、デムナ自身が影響を受けていたアイデンティティと言えるストリートを前面に出すことで、時代と合致するリアルを獲得することができた。そのことを、リアルを超えたリアル、「オーバーリアル」とここでは呼ぶことにしたい。

アンダーソンは「リアル」から「アブストラクト」へ、ヴェトモンは「リアル」から「オーバーリアル」へ。僕が思うに、この変化が両ブランドの影響力に差が生まれるターニングポイントとなった。

では、その「差」を生んだものは何か。僕は「トレンド」という結論になった。

ここでいうトレンドは、「売れ筋」や「人気商品」という意味ではなく、ファッションデザインの歴史の流れという意味になる。ファッションデザイン、特にモードと言われる先端的なデザインを行うカテゴリーにおいて、トレンドは重要だ。連綿と受け継がれてきたファッションデザインの歴史を、デザイナーが自分なりの解釈を入れてコレクションをデザインし、その歴史のページに次の時代のデザインとして配置する。そこに対してまた様々なデザイナーが自分なりのアンサーを返していく。その繰り返しが、ファッションデザインの歴史を作ってきた。

このトレンドが、ヴェトモンとアンダーソンの影響力に差を生んだと僕は考えている。

当時のトレンドのキーとなったのは何か。ノームコアである。Kホールがその言葉を発表したのは、2013年10月。そして、2014年2月26日付ニューヨーク・マガジンの「The Cut」に書かれたフィオナ・ダンカン氏の記事が、ノームコアのスタイルを広める大きな役割を果たしたとされる。ちなみに、ここでノームコアはKホールが発表した正確な意味ではなく、シンプルで普通なスタイルという、スタイル用語としてファッション界で使われる意味であると理解していただきたい。このニューヨークから端を発する「究極の普通」といえるスタイルは、2014年から流行り始めた。

ヴェトモンがマルジェラとストリートの融合した「オーバーリアル」を初めて発表した2015AWは、2015年3月だ。そして、そのコレクションが市場で販売され始めたのは、同年8月以降と考えられる。つまりノームコアがトレンドになってから約1年から1年半後、ヴェトモンのストリートを軸にした「オーバーリアル」が世の中に登場したことになる。これが、絶妙のタイミングだったと僕は思う。SNSやウェブからの情報収集が当たり前となって今の時代は、トレンドの波及が早く、「見慣れる」という感覚も生まれやすい。

極めてシンプルなスタイルが人気となり、その期間がそれなりに続けば、自然、人は次の新しいスタイルを求めるようになる。ノームコアという言葉が世に普及してから、ヴェトモンのオーバーリアルが発表された1年から1年半というのは絶妙なタイミングだったと言える。そのタイミングに、ストリートという極めてリアルなスタイルをベースに、マルジェラのビッグシルエットという、それまでのノームコアにはない大胆さを極めたデザインが投入されたヴェトモンのスタイルは、それまでのトレンドの系譜であるリアルをなぞりながらも、それまでに見たことのない斬新さと新鮮さで溢れたリアルとなっていた。それが人々を魅了した。人間は、完璧に新しいものよりも、見知っているものが新しくなったものに反応しやすい。そういう意味でも、ヴェトモンのストリートとマルジェラが融合したオーバーリアルは絶妙だった。

同時期、アンダーソンはアヴストラクトへと移行していた。このことがノームコアに続く新時代のトレンドとは微妙にずれてしまい、ヴェトモンとの影響力に差が生まれた大きな理由ではないかと僕は考える。ただ、一層のリアルが求められる時代に、アブストラクトへシフトしていたアンダーソンだったが、彼の影響力は違うルートで世界へ普及している。ロエベの存在だ。ロエベでのアンダーソンのデザインは、シグネチャーと比較するとアヴストラクトな造形は影を潜め、リアルが強い。ロエベで発表する性差を超えたデザインは、確実にジェンダーレスのトレンドが進行する現状の一因となっている。

「トレンドをなぞりながらも、トレンドに追従するのではなく、それまでのトレンド上にはなかった『新しい服』を提案したこと」

言葉にすればなんともありふれた表現だが、ヴェトモンが人気となった理由を僕はそう考える。つまり、デザインそのものよりも、時代の流れ=トレンドが大きなキーとなり、そこに他の誰とも異なる大胆さで新しさを作った。ファッションデザインの価値はいつだって時代が決めてきた。それはファッションデザインの歴史が証明している。

例えば、装飾と豪華さで溢れた1980年代が終わった1990年代にヴェトモンが登場していたら、現在のムーブメントと同様のムーブメントを起こせただろうか。それは難しかったのではないか。当時、90年代のメインストリームとなったのはヘルムート・ラングやジル・サンダーといった、シンプルなデザインとスリムなシルエットのミニマリズムだった。欲情的な時代に嫌気をさした人々は、簡素であることを選んだ。

時代の空気が変われば、人々が好むスタイルも変わる。トレンドは無視することはできないし、軽視することもできない時代のうねり。そのうねりを捉えながら、人々の心を魅了する新しさを提案することは容易なことではない。そして、ヴェトモンはそのことに成功している。

僕がここで語っているのは、一つの考え。もちろん僕とは異なる考えを持つ人はいるだろう。そんな多様性がファッションを面白くしていくはず。異なることを否定しない。同質化が問題のファッション界だからこそ。たくさんの面白さがファッションをより面白くしていく。ファッション界を賑わすのは、いつだって「新しさ」だ。人とは違う、他の誰もがやっていない新しさへの欲求と、それを実現しようとする創造性と行動力を持つ人間だけが成し得ること。

ファッションは想像力を創造性で遊ぶゲーム。しかし、そこにはトレンドという抗いがたいルールが存在する。そのルールをどう解釈し遊ぶか。ヴェトモンの帝国が続くのか。アンダーソンが新たなる帝国を築くのか。それとも、まったくの新しい才能が新しいルートから登場するのか。次の時代の支配者となるのは、誰だろうか。いつ現れるのだろうか。その歴史の流れを味わうことも、ファッションの醍醐味だ。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です