いつも先を行くトム・ブラウン

AFFECTUS No.42

「こんなん売れねーよ!!」

以前は、毎回そんなふうに思うことが多かった。トム・ブラウンのコレクションを。いや、もちろんトム・ブラウン自身売れるとは思っていないだろうし、売るつもりで作っているとは僕も思ってはいないけど、それは十分にわかっていたけど、それでもトム・ブラウンのコレクションを見るたびに思わずにはいられなかった。「くそだせえ変な着れねー服作ってんじゃねーよ!!」と。

僕はトム・ブラウンの服は好きですよ。ショップに行き、その服を手に取ればその良さがすごくわかる。王道のアメリカントラッドをトム流に解釈したモダンかつリアルな服があって、特にカーディガンやオックスフォードの洗い晒しのボタンダウンシャツなんて本当に最高。“Tom Gray”と言いたくなるグレーの色調も、控えめに美しさを訴えてきて素晴らしい。

現在、メンズでパンツ丈を短くしてくるぶしを見せるスタイルが当たり前になっているけど、そのスタイルを流行らせたのはトム・ブラウンだと思っている。最初見た時は「だせー、それは恥ずかしくて穿けんだろ……」と思ったけれど、だんだんありだなと思えてきて、今ではぜんぜんありだと思っている。「セクシーを感じられるのは女性が胸なら、男性はくるぶしなんです」みたいなことをトム・ブラウンが語っていて、その視点の面白さに感心した記憶もある。

伝統に対する尊敬と敬意があり、それでありながらリアルなスタイルの中にアヴァンギャルドを打ち出せる時代を先んじる希有な才能を持っている。それがトム・ブラウン。だけど、パリコレへ参加した前後あたりから、ショーであからさまに変な服を作り出して(しかもメンズで……)、そのやり方があまりに安易すぎて古すぎて、せっかくの恵まれた才能を浪費しているように思えて、自分の怒りの正体はそれに対する憤りだったわけです。人が欲しいと思う服を作る。それがやりたくてもできない人間がたくさんいるというのに、その才能を違う方面に無駄使いしているように、当時の僕には思えた。

でも、だんだん、気になってきた。「次はどんな変な服を見せてくれんの?」って。作品をかっこいいと思えなくてかまない。そういう感動じゃなくて、変な服を見たい。その服を見れた時の面白さが、たまらなく欲しくなっていたわけです。嫌い嫌いも好きのうちとはよくいったもの。まさにそれ。

でも、勘違いしちゃいけない。こういうスタイルに触発されて面白い服「だけ」を作るブランドを立ち上げたら間違いなく失敗する。特に現代は。こんな服を作るトム・ブラウンにしてもちゃんとライフスタイルの為の服を作っている。元々のスタートはそうだったわけだから。世の中の人々の生活を考えない独りよがりの服だけを作る時代でもない。今時いないとは思うけれど、売れない服を作りたいと言う人は、服が売れない不幸を知らない無責任な人間の発言だから無視してOK。服が売れないことで起きる不幸とその不幸が起こす現実と苦しむ人間の姿を知ってもなお、売れない服を作りたいと言うなら、まともな人間ではない。まともじゃない人間の言うことには耳を傾けなくてOK。たくさんの人間を不幸にしてまで作る服に一体何の意味があるのだろう。

僕がトム・ブラウンへの認識を改めることになった2014AWメンズコレクションを見たときは、朝から笑った。いやーいいよ、と。すごくよかった。ダサいし変だとは思った。でもそれがいい。ダサいことが、変なことが、カッコいい。その感性はまさに「今」だ。かなり先鋭的ではあったけど、時代を先んじるデザインだった。

昨晩、トム・ブラウンがパリで2018SSメンズを発表した。そこで彼はまたやってくれた。これまでのトム・ブラウンのコレクションと比較すると、その造形のユーモアさはかなり抑えられ、シリアスなスーツという形だった。しかし、そこはトム・ブラウン。普通で終わらすわけが無い。男性モデルのほとんどは、スカートを穿いていた。中にはロングシャツをワンピース風にスタイリングし、そのロングシャツの上にジャケットを着るルックもあった。タイトな膝下丈のスカートやプリーツスカート、そして膝上丈のミニスカートもあった。これらを男性モデルが穿いている。

これらの服装が一般化するかはわからない。正直、今の感想では厳しいとは思う。しかし、トム・ブラウンはいつだってそうだ。初めて見たときは、疑問ばかりを抱かせるスタイルに思える。けれど、いつしか気がつくと、その疑問だらけだったスタイルは極めてナチュラルに世の中へ浸透し、かつての疑問はなかったかのごとく消えている。

確かに今回も驚くべきインパクトのあるコレクションだった。だけど、これまでと違い、僕は素直に美しさを感じた。それは、トム・ブラウランが現代の社会性をストレートに表現したように思えたから。その率直さと純粋さが僕の心を打ったのかもしれない。ラストルックの前身頃がタキシードで、後ろ身頃がウェディングドレスという性別が同居したデザインは、エレガンスで満ちていた。このルックは、現代社会も反映したとても美しいデザイン。素晴らしくエレガント。服を着ることは時代を着ること。それを教えてくれる、フィナーレを飾るにふさわしいラストルックだった。このタイプのデザインに、僕がここまで美しさを感じたのは生まれて初めてだったと、今気がつく。

思えば、トム・ブラウンはいつも早い。時代が後から追いつく。ジェンダーレスで抽象的造形を作るアヴァンギャルド性があり、しかもそれをアメリカトラッドに軸足を置いたままトライし、それでいながらリアルなスタイルも作れる。彼は「アメリカントラッドをベースにしたアヴァンギャルド」という新しいカテゴリーを開拓した。それが、トム・ブラウンという天才だ。僕はそう思う。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です