新しい日本の文脈と無印良品のデザイン

AFFECTUS No.43

先日、久しぶりに訪れた無印良品のお店で服を購入した。素材はオーガニックコットン使用の綿100%の太番手で、ボーダーの半袖Tシャツだ。いつもなら僕はMサイズを買う。しかし今回は、トレンドに乗ってXLサイズを購入した。

そして購入した翌日、そのTシャツを着て外出をした。街を歩く。腕が前に振れ、後ろに振れ、素材が肌に触れる。熱が出て体調を崩し、三日間寝たきりだったため、久しぶりの外出。その日は、病み上がりの身体にはこたえる日中の暑さだった。けれど、服から感じたのは気持ちよさ。とても気持ちのいい服に、僕は久しぶりの面白さを味わう。新しい服を着ることは、こんなにも楽しい体験だったのか。そう思える面白さだ。

Tシャツの外観に珍しさはない。誰もが見たことのある、極めて普通のボーダーのTシャツだ。生地は太番手なので、もちろん厚め。通常のTシャツよりも厚めの生地のTシャツを僕は探していた。最初、手に取ってみるとちょっと厚さが希望より薄いかなと首を傾げた。しかし、帰宅後さっそく着てみたら、これで良かったと思えるちょうどいい生地の厚みだった。心配は杞憂に終わる。

あえて不満をいえば、天巾がやや広かったこと。首元がキュッと締まる狭いネックラインだったら、パーフェクトに僕の好みにハマったTシャツになっていた。いや、それは高望みをしすぎか。これで価格は1,900円。この価格とデザイン、品質に僕は満足した。

僕は無印良品の服が好きだ。その潔いシンプルなデザインに、いつも心地よさを感じる。とても自然で優しく柔らかい感触だ。

ベーシックアイテムが『無印良品』というフィルターを通り、「MUJI BASIC」とも呼べる服へと生まれ変わっている。それが僕にとっての無印の服だ。

無印は距離感をデザインしている。何との距離感かというと、トレンドとの距離だ。ベーシックアイテムをベースにデザインしているが故、毎シーズン代わり映えのしない商品構成に見えるが、その実、商品そのものはそのタイミングのトレンドをうまく取り入れている。その取り入れるトレンド量が「少なめ」というのがうまい。どこまでトレンドににじり寄るか。どのくらいの距離をトレンドと置くか。その距離感が絶妙なバランスだ。そしてその距離が、いつも心地いい。

定番商品という伝統を無印流に解釈して、商品デザインを行う。このデザイン手法、今聞けば取り立てて新しさは感じない。しかし、無印良品がスタートしたのは1980年だ。今から40年近くも前になる。今、みんなが耳にして当たり前に感じることを、当たり前でなかったころ=装飾と華美な世界の1980年代に始めたことになる。無印良品の立ち上げに参画した田中一光と小池一子、ふたりのセンスには脱帽する。

このデザイン手法、肝になるのは解釈する視点だ。ここで言えば無印の視点。その視点(コンセプト)に面白さがあれば、商品は魅力的に変えることができる。無印が秀逸だったのは、「わけあって、やすい」というコピーが証明する通り、コンセプトに時代を先んじた先進性があったことだ。決してビジネスが順調に成長してきたわけではない無印だが、そのコンセプトは今でも魅力に溢れている。

ファッションにおいて、このデザイン手法は無印だけではなく、今では日本のコレクションブランドで多く使われている。この手法がコレクションブランドでメインストリームになったと僕が感じたのは、グリーン(現ハイク)の登場だ。グリーンのデザイナー、大出由紀子氏は古着を自身の解釈で素材やディテール、仕様、シルエットを生まれ変わらす。そして、その結果、元々の古着と同じようであって、元々の古着にはなかった新しい空気をまとった服が誕生する。

昔、僕はこのデザインプロセスを大出氏が出演した情熱大陸で観たとき、とても驚いた。「え?そのやり方ありなんだ?」と。僕にはそのデザインプロセスには、何も新しい発想がないように感じられたからだ。デザインというよりはアジャスト。服を現代的に調整している。ただそれだけに感じ、これをファッションデザインと言っていいのだろうかと、テレビの画面を観ながらモヤモヤした感覚に襲われた。

しかし、今思うのはそれもデザイン。デザインとは何かを大胆に変えるだけでなく、時代に合わせてモノのカタチを整えていくことでもある。

グリーン以降、この手法でデザインするブランドが、コレクションブランドに限らず、アパレルメーカーのさまざまなブランドにも増えていった印象だ。ベーシックをブランド流に解釈する。そういうコンセプトを何度も聞くようになった。正直飽きるほどに。

しかし、僕はこのデザイン手法をとても日本的だと感じる。派手さや仰々しさよりも、受け継がれてきた伝統をその時代に合うように整えていく。そしてその形に重々しさはなくて慎み深く潔く綺麗。これこそ、「わび・さび」という感覚が生きる日本人の感性から生まれた、日本ならではのデザインではないだろうか。そしてそれを、何十年も前から元は量販店のプライベートブランドという、失礼ながらかなり地味な立ち位置からスタートして体現してきたのが無印良品だった(加えて言えば、イッセイミヤケの「一枚布」の存在も忘れてはならない)。

今さら、無印のデザインを新しい日本のデザインだと言っても説得力はないだろう。しかし、場所が変われば、新しさも変わる。無印のデザインが、日本の新しいデザインの文脈へと生まれ変わる可能性を秘めた場所がある。それがパリコレだ。

先月、パリでは2018SSメンズコレクションが開催されていた。以前からパリコレを見ていて気になることがあった。パリコレに参加し、評価されるブランドはアヴァンギャルドなテイストが多いということだ。コム・デ・ギャルソンに始まり、アンダーカバー、サカイなど、そのデザインには複雑さと、その複雑さをさらに重ねていくことでより複雑さを増していくデザインが、パリコレに参加する日本のブランドには多い。アンリアレイジもそうだろう。一筋縄ではいかない服を作っている。ファセッタズムもそうだ。1着1着の濃度が濃い。その濃い1着が重なり合っていくスタイルには、やはり複雑さがある。

日本のブランド=アヴァンギャルドという図式が、パリで成り立ってはいないだろうか。パリの日本ブランドに対するニーズが、アヴァンギャルドになってはいないだろうか。実際のところ、現地でどう思われているのかは日本に住む僕にはわからない。パリへ留学していた友人や現在ヨーロッパで活動する友人たちに聞けばわかるのかもしれないが、あくまで遠く離れた地に住む僕の目からは、そう感じた。遠い距離から見る方が、客観視できることもあるのではないだろうか。

もし、仮にパリがそう思っているなら、ちょっと待てよ、と言いたい。それだけが日本のデザインだとは思わないでほしい。日本には違う文脈のデザインもある。それが、無印が始めた伝統の再解釈と時代への調整だ。僕はハイクのようなデザインに、日本の新しい文脈のデザインといえる可能性を感じている。今ならそのデザインの魅力では、ザ・リラクスが上回っているかもしれない。ファッションの伝統であるベーシックを、再解釈して時代に合わせて提案する。一見すると派手さはない。けれど、何かが新しい服。そういう21世紀における日本のデザインが、パリでどう評価されるのか知りたい。

しかし、ベーシックを再解釈するだけでは今となってはインパクトにかける。再解釈する「伝統」を変えることが、これからのファッションデザインとしてあってもいい。

モードの世界で「伝統」は何を意味するのか。それはモード史に残された数々のデザインだと僕は思っている。歴史に刻まれたデザイナーたちが残してきたデザインを、次世代のデザイナーたちが自身たちの新感覚と時代の空気を吹き込み、新しいデザインへと「アジャスト」する。古着が再解釈と調整は許されるのに、モード史のデザインとなると、途端に見る目が変わるのはなぜか。この手法は「パクリ」だと言われてしまうのだろうか。「パクリ」と「パクリではない」を分ける境界線とは、なんなのだろう。

僕はヘルムート・ラングの1998SSメンズコレクションがとても好きだ。ブラック・ホワイト・グレーといったベーシックカラーを使った色使いがクリーンで、スーツやシャツなどメンズファッションの定番がデザインのベースとなり、当時としてはとてもクールなシルエットで発表されている。白いペイントを施したジーンズに、白いシャツをタックインするスタイルは、今見てもそのカッコよさに痺れる。

しかし、今見てもまったく野暮ったさがないといえばそうでもない。やはり約20年前に発表されたコレクションだ。シルエットや全体のバランスに、古臭さは漂っている。それは仕方のないことだ。けれど、このコレクション、というよりデザインをこのままにしているのも、もったいないように思う。現代の感覚でアジャストすれば、素晴らしいデザインに生まれ変わる予感がする。

僕がこのコレクションで好きなルックに、三つ釦段返りの白いスーツを着て、合わせた白いシャツの襟元は第一釦を外しルーズな雰囲気を出し、そこにブラックのネクタイを締めたスタイルがある。このジャケットをドロップショルダーでビッグシルエットへと転換し(しかし、エクストリームというほど大きくはしない)、パンツはゆとりが少ないスリムなテーパードで、足首の肌をほんのり覗く若干短めの着丈のパンツにすると、現代の空気にフィットしたデザインが誕生するように思う。

伝統を受け継ぎ、新しい感覚で時代にアジャストさせていく。無印から始まったと言えるこのデザインが、パリで日本の新しい文脈として提示する価値はあるように思う。僕は日本には、「複雑であること」に重きを置き、価値を感じる傾向がある。複雑で緻密であるほど、評価されやすい。パターン100枚で作っている、というような服に反応しやすい。特にファッションの教育現場ではそれを感じる。日本のコンペの優勝作品を見ると、その思いはますます強くなる(そういうデザインがダメという話ではない)。

「複雑さ」も一つの価値であり、それが日本のファッションデザインのすべてではないはず。モードなファッションシーンにおいて「潔さ」が日本のデザインの価値として、もっと光が注がれてもいい。

コム・デ・ギャルソンとヨウジヤマモトがパリコレに参加したのは、1981年だ。そして無印良品がスタートしたのが、先述した通り1980年。しかし、無印良品が衣料品をスタートさせたのは同じく1981年になる。日本は約40年も前から、ふたつのデザインの文脈が存在していた。

アヴァンギャルドだけが、日本のファッションデザインではない。日本には新しい文脈のファッションデザインがある。それが、彼の地で証明されることを願う。そのための、モード史への深い洞察と緻密なデザイン論理を伴って。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です