底知れない高橋盾のダークファンタジー

AFFECTUS No.376

底知れない才能という表現がふさわしい。高橋盾はそう思わせる、数少ないファッションデザイナーだ。「アンダーカバー(Undercover)」がコレクション発表の場を、東京からパリへ移したのは2003SSシーズンからだが、私はパリへ移る直前に東京で発表されていたコレクションが非常に好きだった。とりわけ、発表から20年ほど経った今でも、記憶に印象深く残っているのが2002AWコレクションである。

「WITCH’S CELL DIVISION」と称されたこのコレクション、1着の服はパーツを解体することができ、他の服と組みわせることが可能だった。魔女が細胞分裂を起こすように、発表された23のアイテムは96のスタイルへと生まれ変わる。しかし、私がこのコレクションに今でも惹かれてしまうのは、そういったテクニカルな仕掛けが理由ではない。むしろ、そこは無関心に近いほど当時も今も興味を持っていない。

私がアンダーカバーのコレクションに心揺さぶられるのは、鮮烈なイメージと遭遇した時だ。こんな世界があったのか。そんな驚くイメージを見せてくれるのが、私にとってのアンダーカバーであり、2002AWコレクションもそうだった。

2002AWコレクションはブラックやグレーなどのダークカラーが主役となり、全体的に重々しいムードが漂う。そのムードに拍車をかけているのは、モデルに施されたメイクだった。黒髪で統一されたモデルたちの顔には黒い模様が描かれ、まるで魔女の顔に浮かび上がった呪文のように妖しい。

このような世界観の場合、ヨーロッパのデザイナーならクラシカルなデザインの服を発表するかもしれない。例えば、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)なら裾が引きずるほどレングスが長く、装飾性に満ちたロングドレスを発表したのではないか。

だが、アンダーカバーが発表したスタイルは違う。アイテムはTシャツが数多く発表され、“ARE YOU A GOOD WITCH OR BAD WITCH ?”というメッセージプリントや、キャラクターらしきシルエットが浮かび上がるプリント、古着屋で見つかりそうなノースリーブワンピースや柄がプリントされたパンツなど、全体的にカジュアルな服がメインで、脚にフィットしたシルエットのパンツも発表されて、パンク&ロックテイストも加わる。

ダークカラーとダークメイクを施したモデルたちが、パンクでロックな古着テイストのカジュアルウェアを着用し、会場中央に設置されたターンテーブルに乗って並ぶ姿は、何か妖しい儀式が行われているかのようだ。それはダークファンタジーとしか形容のできない世界観だった。

スタイルの系統的には、「ヴィヴィアン・ウェストウッド(Vivienne Westwood)」の系譜に属するが、ウェストウッドよりもリアルでカジュアルな服になる。マックイーン的な魔術的世界と、ウェストウッド的だがもっとリアル。ファッションの本場であるヨーロッパの文脈に乗り、ヨーロッパでは見られないデザインは独創性にあふれている。アンダーカバーの2002AWコレクションは、モードの文脈に新しい解釈を刻んだ。それだけの価値があるコレクションだったと私は思う。

だからこそ、発表から20年近くたった今見ても、私は新鮮さを感じてしまうのだろう。

今回、改めてアンダーカバーの2002AWコレクションを見て思うのは、新しいイメージを創造する力がファッションデザイナーにとって重要だということ。歴史を振り返ってみると、新しい暮らし方、新しい世界観を連想させるイメージを発散するブランドやデザイナーほど、高い評価と人気を得て名声を高めていくことが多い。

マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)は技巧を駆使した実験的なコレクションを発表していたが、服を着るモデルたちはシャビールック(貧困者風)と評され、1980年代のグラマラスでゴージャスなスタイルとは逆の価値観を生み出していた。また、古着を利用して新しい服を生み出す手法は、リノベーション、リメイク、リサイクルといった価値観を、ファッションを超えて世界に広める影響力を持っていた。

アンダーカバーの果たした役割はマルジェラとは異なり、新しい暮らし方というよりも新しい世界観を生み出した側面が強い。パンクでロックでカジュアルなスタイルで、ダークファンタジー。そんな新しいファッションをアンダーカバーは発表し、高橋は一つの世界を生み出した創造主だった。

高橋の描くイメージは狂気を感じることが多い。心の奥底にある人間の狂気を解放する。そんな迫力を感じてしまう。アンダーカバーの闇はいったいどこまで深いのだろう。まだ私たちが見たことのない世界の闇を、高橋はすでに見ているのだろうか。アンダーカバーの狂気は終わらない。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です