自然であること、自由であること、美しくあること

AFFECTUS No.28

今回のブログタイトルは、あるブランドのコンセプトをそのままタイトルにした。けれど、そのブランドは今はもう存在していない。1999年にスタートし、2004年にその活動をクローズしてしまったからだ。活動期間は5年だった。そのブランドの名前は“NAiyMA”といい、読み方は「ナイーマ」になる。

ブランド名の由来は、デザイナーが想像する架空の女性の名前だ。デザイナーはトキオ・クマガイとヨウイチ・ナガサワでキャリアを積んだ柳田剛氏。

ナイーマをリアルタイムで知っている人間となると、年齢で言えば現在30代後半以降の人たちになるだろう。ナイーマは、僕が最も魅力された日本のウィメンズブランドになる。たぶん、ナイーマほど毎シーズン楽しみにしていた日本のブランドはないと思う。

5年という短い活動期間ではあったが、今でも記憶に残っている。その理由は、コレクションの印象が鮮烈だったからではない。不思議な違和感を感じさせ、その違和感が心の奥底にとどまっている。今でもずっと。だから忘れることがない。

僕がナイーマを初めて知ったのは2000年12月。『ミスター・ハイファッション』2001年2月号を読んだ時だった。なんでメンズ誌で女性のブランド?と思われる方もいるかもしれない。僕自身もそうだった。特に当時は、今ほどジェンダーレスという概念が浸透しているわけではなかったから、誌面で見た時は不思議だった。当時の僕は自分が着られるメンズしか興味がなかったため、ウィメンズブランドのことはまったく知らなかったし、興味もまったくなかった。だから、ミスター・ハイファッションでナイーマを見た時は「ふーん」ぐらいの感想しかなかった。しかし、その感想は最初だけだった。

なぜミスター・ハイファッションにナイーマが掲載されていたのか。それは、デザイナーの柳田氏が第2回モエ・エ・シャンドン新人デザイナー賞を受賞したからだった。その記念としてスウェーデン人フォトグラファー、アンドレ・ウルフが写したナイーマのフォトストーリーが、ミスター・ハイファッションに掲載されることになった。

その写真に、僕は完璧に魅了された。

8枚すべてのカットがモノクロ。誌面いっぱいに掲載されたその写真にはダイナミズムを感じ、けれど、モデルの白人女性がナイーマの服を身にまとって一人佇む姿には、静かで、ただただ美しいエレガンスが写し出されていた。不思議なニュアンスを含んだ服とともに。それまでまったくウィメンズに興味のなかった僕が、一瞬にしてそのカッコよさに魅了されてしまった。

僕なりにナイーマの服を一言で表現するなら「違和感のあるエレガンス」になる。アンドレ・ウルフが写した写真にもその特徴は写し出されている。

一枚の写真がある。場所はビルの屋上。画面右側には後方に高層ビルが写され、画面左側にはジャケットとパンツが着たモデルが左手にモエ・エ・シャンドンの瓶を持ち、その口からはシャンパンが溢れ、風に乗って画面右側へと流れていく。高層ビルの上をまたいでいくように。モデルの顔は首から上が切り取られ、写し出されていない。ナイーマの「違和感あるエレガンス」を見事に捉えた写真だと思う。

その写真でモデルの穿いているパンツに目がとまる。股下が膝上まで落とされ、細いウェストベルトから伸びる通常よりも長いダーツは、ファスナーのあき止りをほんの少し超えて止まる。脇線は太腿のあたりまで外へ張り出し、そこから裾に向かってなだらかにややテーパードしていく台形シルエットに、膝下10cmほどでカットされたパンツのレングス。一見すると、スカートにも見えるキュロットだった。

ナイーマはシンプルな服に違和感を持ち込む。「なぜ、そんなディテールを入れるの?」「なぜそんなシルエットにするの?」それらがなければ、おそらく多くの人たちが美しいと感じられる服となるはずなのに、わざわざその美しさを崩して、人々を惑わす。その違和感が、あらゆるところに心を惹く謎となって散らばり、王道のエレガンスへとフィニッシュさせるのがナイーマだった。

代官山にあったショップにも、唯一無二の存在感が放たれていた。代官山駅のそばにあった建物の二階に、ナイーマのショップはあり、階段を上りドアを抜けると、そこにはそれまで見たこともない光景が広がっていた。フロアには白い砂が一面に敷き詰められている。まるで砂漠だった。ショップを訪れた人間は、足でその砂の感触を感じながら、手でナイーマの違和感あるエレガンスに触れることになる。僕がそこまでの圧倒的な創造性を感じたショップは、ナイーマ以外では恵比寿にオープンしたマルタン・マルジェラのショップだけだった。

僕はナイーマのことが好きだった。これから、5年10年とたてばナイーマを覚えている人は今よりもきっと減っていく。そこにファッションの悲しさを感じる。でも、その悲しさもファッションの魅力なんだろう。だから僕はナイーマが好きだ。憂いのある女性に、男は惹かれるから。

〈了〉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です